長野県下條村で放し飼い養鶏やってます。日々の出来事、思ったことをつらつらと。。。

ミキサーの動力

今日も一日雨。

昨日もほぼ一日雨だったので、乾燥気味だった鶏舎の床に水をまく作業でした。
おそらく三本鍬を4000回ほど振りました。。。疲れますね~


で、今日の作業はエンジンの整備です。
雨の日の機械整備は湿気が多いので好きではないのですが、晴れたら晴れたでほかの事を優先するので、こんなときにしか出来ません。

先日もらってきたミキサーに、動力として友人にもらったディーゼルエンジンを取り付けるつもりです。
で、そのために動力を伝えるために新しくVベルトを注文、届くまでにエンジンを軽く整備するつもりでした。

が、いざエンジンを動かしてみると、動きません。
あれ?もらってきたときには確かに動いたんだけどなぁと思いながらいろいろいじってみると、どうやら燃料の軽油が変質してしまったよう。

で、さらにちょっと気になる点が。
ちょっと専門的な内容になってしまいますが、いわゆる圧縮漏れという現象です。
ディーゼルエンジンは自発的に軽油に火がついて爆発するのですが、燃焼室の気密が低いと爆発できません。

バルブという部品に少し異常があって隙間が空いているようでした。
どうせなので、バラ(分解)して掃除&調整もすることにしました。

2014-10-23 123745
三菱重工業のSD6というエンジンです。
蛇足ですが「かつら」エンジンと呼ばれる、京都の桂に工場があったときのエンジンです。

まずは、入っている軽油を抜いていきます。
と、出てきた軽油の色をみてびっくり。。。

2014-10-23 123730
なんと赤(オレンジ?やや褐色?)色

軽油は黄色というか蛍光緑というか、そんな感じに着色されているはずなのですがねぇ。



今年始めにヤンマーのディーゼルエンジンを分解した経験があるので、ちょっと迷いましたが何とか分解していきます。

2014-10-23 124536
ロッカーカバー?をはずしたところ

どんどん分解していきます。

2014-10-23 152621
ヘッドをはずしたところのピストン側
泥と少し錆があります。

2014-10-23 152634
そしてヘッド側とバルブ
かなりススと錆が見られます。
この錆とスス(カーボン)の欠片のせいで圧縮漏れが起きていたのでしょうか??

2014-10-23 154934
とりあえず、バルブをはずしてきれいにカーボンを落としてみます。

2014-10-23 154939
ヘッド側も同じく。
でも錆は簡単には落ちてくれませんでした。

とりあえず、バルブをきれいにする器具も無いので、ある程度汚れを落として元通りに組み立てです。
のつもりが、あと少しで日暮れ。

コッコたちの最後の作業もあるので、仕上げの組み立てと動作確認はまた後日です。
ずっとしゃがんでいたので腰にきますね~

うまく動くようになると良いんですが。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aozoratamago.blog90.fc2.com/tb.php/403-25ed8681
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad