FC2ブログ

長野県下條村親田高原で放し飼い養鶏やってます。日々の出来事、思ったことをつらつらと。。。

ほんやりさま

京都にいた頃は「どんど焼」という名前で、小学校の時にやった記憶がありますが、集落とかではやったことは無かったとおもうのですが、ここ飯田下伊那では「ほんやり様」といって正月が過ぎるとお守りや門松なんかを燃やし、書き初めなんかをその燃える風に乗せて飛ばす(高く上がれば字がうまくなる。だっけ?)ような風習があります。

たぶん全国各地で同じようなことをやっているだろうと思っているのですが。。。名称は地域地域で違うのでしょうか。
(おもしろいページがありました。どんど焼きは北海道から沖縄まで行われているだけでなく、韓国やスウェーデンまで同じような風習があるようです。小正月行事「どんど焼き」の全国(世界)調査集計(平成27年版)

今日は、この下條の長原集落のほんやり様でした。
朝8時から準備をして10時くらいに点火、あらかた燃えると餅やサンマやししゃもなんかを焼きます。
燃やして、何かを焼くというのはこのあたりでも共通しているみたいですが、点火の時間が異なり、前日に準備して、次の日朝6時(まだ暗い)から燃やしたり、ウチのところみたいに10時頃から燃やしたりと、様々です。

20150112094358.jpg
杉の心棒を中心に、竹やらなんやらをたくさん盛っていきます。
ここ長原集落のは豪快です。(ほかの地区ではもっと丁寧に富士山のようになめらかな円錐っぽい形もあります。)

20150112094726.jpg
そして点火。習字・書き初めも飛ばしました。

このあと、餅を焼いて食べました。が写真を取り忘れました。
このお餅を食べると、1年が無病息災で暮らせるといいます。
なので、このほんやりさまに来られなかった家族の分を焼いて持って帰る家庭も多かったです。

今日は風が強く、寒かったですが、この下伊那に来て3回目のほんやり様。やっぱりその土地の文化って良いもんですね。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aozoratamago.blog90.fc2.com/tb.php/439-c6c5a2cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)