長野県下條村で放し飼い養鶏やってます。日々の出来事、思ったことをつらつらと。。。

インゲン豆の選別

インゲン豆類を選別しています。

脱穀は1品種を除いてビーンスレッシャで今月頭にやってみました。
結構感想が進んでいるのもあってか、豆が割れやすく、回転数を落として脱穀してみました。
それでも5%くらいは割れてしまいました。(本によると、じつはこの割れた豆の方が熟が進んでいて美味しいらしいです。)

まぁ、機械を使ってやるとこれくらいロスとしては出てしまうのかなぁというところです。
(大豆でも飛び散ってしまいますし。。。)

で、その脱穀した豆は、ビーンスレッシャの機能として付いているベルトコンベヤーによってかなり荒くですが、選別されます。
といっても本当に荒くで、鞘と転がる豆をかろうじて分けられるくらいなので、それから先は人による目視の選別です。

ほぼ豆だけに選別された中から、割れた物、カビている物、未熟な物、虫食いの物、シミのある物など選り分けていきます。
これが結構大変です。
ハウスの中でやっていますが、陽が差しているときは暖かい(むしろ暑い)のですが、陽が傾き、陰るとあっという間に冷え込んできます。(昨日は午後4時で-3℃になっていました。

品種によっては3割くらいが出荷できないクズ豆(クズという言葉は使いたくないですね。ハネ豆)になってしまうものもあります。
品種がいろいろありますが、注文も少しずついただいているので、ちょこちょことやっています。

出荷できそうなのが
(インゲン豆)
紅しぼり
シャチ豆(パンダ豆)
トラ豆
手亡
霜ササゲ
金時
白花豆(これはハナマメですね。)
(大豆類)
黒千石大豆
茶大豆

です。注文、お待ちしております。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aozoratamago.blog90.fc2.com/tb.php/445-0b9458b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad