FC2ブログ

長野県下條村親田高原で放し飼い養鶏やってます。日々の出来事、思ったことをつらつらと。。。

太陽熱温水器

(写真が多く、容量もそれなりなので、少し重たいページになっています。)
太陽熱温水器を買いました。

え?今更?太陽光発電じゃなくて?っていう声も聞こえてきそうですが、太陽熱温水器です。
ノーリツとか朝日ソーラーとかコロナなどが有名ですが、今回は無名の中国製を購入しました。

でも、根本的に一般的な古くからある物とは違う物です。
というのは、真空管の「ヒートパイプ式」というものを使ってるからです。

黒い熱を集める部分がありますが、その中には水ではなく銅の棒(少し銅管)が入っており、この銅が水が入っているタンクの中に挿入され間接的に熱が伝わるという仕組みです。(真空になっている2重ガラスに覆われているので集熱の欠損はほとんどありません。)
当地では真冬に氷点下13℃を下回ることがしょっちゅうありますので、旧来の集熱部に直接水が通っているものでは、凍結破損の恐れがすごく高まります。

今回購入したヒートパイプ式は、タンクの凍結という心配はありますが、保温材もあるので氷点下10℃くらいなら1週間くらい曇りが続かないと凍らないと思います。(もちろん配管や継ぎ手は養生しないとですが。)
あとは、基本的にタンクには間接的に熱が伝わるので気密性が高く、水道直結式に出来るので、旧来の物のように水圧を作り出すために落差を作り出す必要が無く、地上設置が出来る(屋根に置かなくても良い)というのも自分で施工しやすいですね。

購入した物は基本的に部品が送られてきて、それを自分で組み立てるか地元業者に頼んで組み立て設置してもらうかですが、ウチは金がないのでもちろん前者で、自分で設置しました。

送られてきたのは「タンク」、「架台」、「集熱部」×2の4箱、それなりに大きいです。

201502281.jpg
タンクと右側の細長い箱(架台(フレーム))

201502282.jpg
集熱部(真空管ヒートパイプ)2箱

20150303155201.jpg
事前にワッシャーが無くて怖いと言う意見があったので購入しておきました。

そしていざ組み立てです。

201503041.jpg
付属のナットボルトが薄い。

201503042.jpg
そして、定型よりも少し大きいという中華クオリティ。(ソケットレンチが奥まで入りません。)
中華製品は見様見真似で規格が適当。とバカにされているのは知っていましたが、まさか、彼らも頑張って作ってるんだから・・・と思っていました。でもこれはちょっと困りました。
コピーのコピーの・・・の繰り返しでどんどん原型よりおかしくなっているのでしょうか?

そんなこんなにもめげず、とりあえず組み立てていきます。

20150303155207.jpg

20150303161646.jpg
タンク以外の架台が完成。

20150304153716.jpg
ソケットレンチが使えないのでこちらを使って組み立てです。

20150304162917.jpg
そして設置場所に移動して、タンクも据え付けてみました。

20150306124822.jpg
タンクの出水(出湯)口の大きさは3/4インチなので1/2インチに変換します。

20150306124833.jpg
入水側も同じように1/2インチに変換しますが、こちらは圧力安全弁も設置します(付属でした)。

20150315152227.jpg
そして配管は冬場の凍結に備えて埋め込みます。
入水側は2層の水道用ポリ管。出水側は高熱に対応出来る架橋ポリ管に5mmの保温材が巻いてあります。

20150315152233.jpg
40cm以上は埋めています。

20150315152241.jpg
配管の立ち上がりの部分は電熱線を通して保温材をぐるぐるに巻いて、凍らないようにしています。
あとは継ぎ手の部分を保温すれば、凍結対策はばっちりかと。

20150306105441.jpg
ミキシングバルブという部品とボール弁を組み合わせて配管
ミキシングバルブはサーモスタットが入っていて、希望の温度になるように水とお湯を混ぜてくれる部品です。

20150322083636.jpg
そして、真空管ヒートパイプを接続して完成です。
真空管ヒートパイプは一つ一つ銅管に熱伝導性の高いシリコングリスを塗って差し込んでいきます。ガラスなのでちょっとした衝撃で割れてしまうので、ここは手伝って貰って2人でやりました。

20150327182019.jpg
付属の温度計で温度が測れます。
だいたい、今の時期だと1日でずっと晴れていると30℃以上、すこし雲があると20℃以上水温が高くなります。

20150324072749.jpg
朝の日の出から1時間ちょっとで5℃ほど上昇しました。

まだ今の時期は水道水はかなり冷たく、お湯側をひねるとボイラーを付けなくても冷たくない水が出るのはありがたいです。

最後に。
これは太陽熱温水器に非は無いのですが、この温水器の利点が水道直結式で、配管によっては、そのぬるくても温かくなった水がボイラーで加熱出来る。というのが良いなぁと思ったのです。
が、当家にある給湯ボイラーで試したところ、30℃くらいの水を入水すると何故か加温してくれない・・・
当家は追い炊き機能が無いボイラーなので、風呂が冷めると熱い湯を入れるしかないのですが、これだと使えないんです。
なので、とりあえず50℃に下がるまで温水器のお湯を湯船に入れ、50℃を下回ると水道からの水に切り替えてボイラーでわかしたものを入れています。
完全に燃料フリーでは無いですが、まぁ、無いより全然ましなのでありがたいです。
夏が楽しみですね。

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2017/04/14(金) 12:26:25 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2020/10/31(土) 21:32:42 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

10/31の鍵コメ様

ご記載のメールアドレスに返信しました。
届かないようであればまたコメントください。

  • 2020/11/02(月) 21:38:43 |
  • URL |
  • たまご屋 #50jynCW6
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aozoratamago.blog90.fc2.com/tb.php/463-f6069de0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)