長野県下條村で放し飼い養鶏やってます。日々の出来事、思ったことをつらつらと。。。

放射能によるガン増加の影響の予測

こんにちは。

今回は論文の紹介。
論文って言うとちょっと堅苦しいかもしれませんが、是非さらっと目をとおして欲しいです。
「知ってる」のと「知らない」というのは天と地の差以上に違ってくると思います。

日本ではICRP「国際放射線防護委員会」の基準(暫定基準)を多く参考にしているが、このICRPの基準はECRRよりも緩いことが多い。それは使っているデータや計算方法が違うからだけども、どっちを信じるかは個人の自由なので自分自身で考えて選択する必要があると思う。
今回は厳しいと思われるECRRの今後の予測についての簡単なまとめです。

ECRR「欧州放射線リスク委員会」のクリス・バズビーさんが3月30日時点でoccasional paper(とりあえずの臨時発表)として報告されているものです。
一つの意見として頭に留めておいていただければ幸いです。

以下引用

論文は以下のリンクをクリック
CERRクリス・バズビー論文「福島の破局的事故の健康影響」日本語訳
Japanese Translation of ECRR Chris Busby's Paper "The Health Outcome of the Fukushima Catastrophe"


以下、この論文の「結論と勧告」を抜粋します。

1.ECRRリスクモデルにより福島事故の100キロ圏の住民300万人に対する健康影響を検討した。100キロ圏内に1年居住を続けることにより、今後10年間で10万人、50年間でおよそ20万人がガンを超過発病すると予測された。直ちに避難を行うことでこの数字は大きく減少するだろう。100キロ圏と200キロ圏の間に居住する700万人から、今後10年間で10万人、50年間で22万人が超過発ガンすると予測された。これらの予測値は、ECRRリスクモデルおよびチェルノブイリ事故後のスウェーデンでの発ガンリスクに関する疫学調査に基づいて算定されたものである。

2.ICRPモデルは、100キロ圏での超過発ガン数を2838人と予測している。したがって、福島事故によるガンの最終的な超過発生数が分かるときに、どちらのリスクモデルが適切かの答えがでるだろう。

3.日本の文部科学省が公表したガンマ線量の公式データは、一般的に承認された科学的手法を用いて、測定箇所の地表汚染レベルを逆算するために使用できる。その結果、IAEAは汚染レベルを明らかに低く見積もった報告を行っていることが分かった。

4.放射性同位体別の地表汚染レベルの測定を緊急に実施することが必要である。

5.100キロ圏の北西部に居住する人々は直ちに避難し、その地域を立ち入り禁止とすべきである。

6.ICRPリスクモデルを廃棄し、すべての政治的決定をECRR www.euradcom.orgの勧告に基づいて行うことを求める。これは、2009年のレスボス宣言に署名した著明な放射線リスク専門家が出した結論である。

7.一般国民から意図的にデータを隠した者に対しては、調査のうえ法的処罰を与えるべきである。

8.メディアを通じて今回の事故の健康影響の過小評価をもたらす行為を行った者に対しても調査のうえ法的処罰を与えるべきである。


引用ここまで

中身は専門的な内容は少なく、一般の方でも読みやすい内容になってると思います。
是非読んでみてください。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aozoratamago.blog90.fc2.com/tb.php/51-eadc5bbe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad