長野県下條村で放し飼い養鶏やってます。日々の出来事、思ったことをつらつらと。。。

草刈機の修理

ここんとこ、雨が続く。

まぁ、畑作業が出来ない分、普段出来ない他のことが出来て一長一短なんやけど。
今日は草刈り機の修理。

中古で購入した草刈り機は、家の前の急斜面で使うことを想定してかなり軽量の20ccエンジン。
ただ、やっぱりパワーが無いので一長一短ではあるんやけど。

それが、最近すこぶる調子が悪くなってきてて。
なかなかエンジンが掛からなかったり、掛かってもアクセルを開けるとエンストしたりと重症になってきてた。
キャブレターをOHしたりガソリンを新品に変えたりしたけどあまり変わらない。

WEBで調べると、初めに見たのがシリンダの焼き付きでこのような事になるとか。
実は中古購入後、しばらくしてからエアフィルターが無いのに気づき、ひょっとしたらそれが原因かも・・・なんて思ってたけど。
シリンダとピストンを見てみたら、わずかにキズがあるけど、焼き付きの写真とは全然異なる状態だった。

そこで、なんでかな~って調べてたら。よく似たような症状で困ってる方のHPにダイヤフラムという物を交換したら直ったとのこと。ダイヤフラムって言うのはキャブレターに入ってる薄いゴム製?の膜でこれが振動することによってガソリンが送られる。
どうも、このダイヤフラムのゴム膜が変成して硬くなることで正常に振動せず、燃料が供給されっぱなし、もしくは全く燃料が供給されないと言う状態に陥るみたい。

ダイヤフラム
ダイヤフラム1

↑の裏面
ダイヤフラム2

うちの草刈り機は前者で、よくよく考えると、アクセルを閉じてチョークを引かずにリコイルスターターを数回引いてたら、プラグがたっぷり湿ってたっけ。。。

とりあえず、キャブレターを分解し、ダイヤフラムを確認したらめっちゃ硬化してる。なんかパキパキ音するし。
ダイヤフラム3

というわけで、ダイヤフラムをヤフオクで購入。なんでも、カインズでも購入出来るらしい(800円くらい?)けど、ヤフオクだと送料込みで600円だもんね。
カインズでは他にいろいろ買ってるから許してくれるよね。たぶん潰れないし。

で、早速届いたダイヤフラムを組み込んで、エンジンを動かしてみると。。。
めっちゃ快調

というか、新しいダイヤフラムはしなやかで、古いのとは天と地の差やった。
皆さんも、草刈り機の不調で、各部をOHしても直らない時はダイヤフラムなどのシール類を交換してみては・・・部品代は1000円くらいみたいだし。


今日はにんじんの種を蒔きました。
知り合いの農家さんからシードテープの新黒田五寸にんじんを頂き、早速播種。
相方のもーがお世話になっているイチゴ農家さんより紅山五寸という品種の種ももらったので早く蒔かないと。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aozoratamago.blog90.fc2.com/tb.php/54-618490ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad