長野県下條村で放し飼い養鶏やってます。日々の出来事、思ったことをつらつらと。。。

草取りと緑餌やり

ニワトリ達に与える草が足りません。
サイレージを作るときに、まともな草は全部刈り取ってしまって、それから気温が低いのであまり伸びてくれません。

ちょこちょこ刈り取っては与えていたのですが、時間と手間がかかる割に、あまりたくさん集めれません。
なので、昨日から方法を変えてみました。

昨日、うまくいったので、今日は、全量この方法。

で、どうしたかっていうと、「大豆畑の中に生えている草をニワトリに与える」です。
今年は、大豆の畝間の中耕・除草が思った様にうまくできず(腰痛で、管理機のとりまわしが出来ないときが多かったから)、タイミングを逃した作業となり、うまく草を抑えることが出来なかった場所が多くあります。
この草取りをしなければならないのですが、とりあえず大豆の生育にはあまり支障がなさそうなので、腰痛もあり、見て見ぬふりをしていました。

が、緑餌のために草刈りをする時間が結構かかるので、昨日は3/4を草刈り、1/4を大豆畑から抜いた草にしてみました。
すると、抜いた草でも結構な量になるんですね、これが。。。

畑の草もなくなるし、ニワトリ達は美味しい(かどうかは知らないですが)緑餌が食べられるので一石二鳥です。

小麦の播種の順番もあるので、黄化して落葉してきたエンレイ畑から草抜きを始めました。
20151007125701.jpg
色の関係で見にくいですが、写真右側1/3くらいはまだ草が残っている風を撮ろうと思ったのですが、全然写っていません。

20151007151956.jpg
畑の脇に置き、軽トラで回収。
その後、鶏舎でカッターを使って裁断してニワトリ達に与えました。

種が出来ているような草なので、茎が多いのですが、まずは葉っぱを我先にと食べて、そのあと茎を食べています。
もう、こんな草しか無くなってきたけど、それも自然かなぁと思って与えています。




追伸


20151007150154.jpg

わかりづらいですが、葉っぱがほぼ落ちてしまって茎だけになっている黒千石大豆です。
名前の通り、黒豆ですが、5mmくらいの小粒のだいず。
そのままご飯と一緒に炊いても食べられるような品種です。
去年は脱穀機を修理中だったので、収穫してから乾燥させすぎて品質が悪くなったので、今年は早めに脱穀しようと思います。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aozoratamago.blog90.fc2.com/tb.php/570-e9326394
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad