長野県下條村で放し飼い養鶏やってます。日々の出来事、思ったことをつらつらと。。。

家畜保健所

今日は家畜保健所の鳥インフルエンザの定期モニタリングの日でした。
毎月10羽づつ採血して、インフルエンザにかかってないか調べていきます。
過去にかかった経験があるかどうかも抗体の有無で判断できるようです。

実際に鳥飼いを始めるまでは、家畜保健所のいろいろな噂(主に悪口、たまに良口も)を聞いてきましたが、この地域の職員さんは良い感じです。
まぁ、平飼いでこだわった飼い方(自然卵養鶏)って結構思想から入ってしまうので、その辺の「思想」と「行政側(というか国)のガイドライン」との間に溝が深くなってしまうことがあると思います。

ただ、実際に関わる職員さんは「法律に則った国の指導」を行ってるだけで、職員としては仕事上当然のことをやっているだけなので、その方と衝突してもなにも良いこと無いと思います。(ガチガチに頭が硬い職員さんは別として、そんな方はいないと思いますが)
なので、突っぱねるより、ちゃんと話し合って自分が思い描くより良い方向へどうやって持って行けばいいのかを考えるべきだよなぁと感じています。


まぁ、この地域は先輩の「自然卵養鶏」(自然卵養鶏って書いてますが、すごく幅が広いですが)をやっているかたがたくさんいらっしゃるので、その方達が積み上げてきた経験則によるものが、今の私と職員さんとの関係になっているのが大きいと感じています。

家畜保健所の職員さんは、いろいろな農場を回られているだけあって、ほかの農場の情報を結構教えてくれます。(もちろん農場名は隠してですが)それが、結構役に立ちます。
エサの配合を変えてみたときの反応、新品種、鶏舎の様子、床の様子、堆肥の処理。やはり経験が大事なので、その情報をいろいろ教えてもらえると、おもしろいです。

まだ今年度は半分を過ぎたところなので、この機会に色々学んでみようと思います。
来年度はどうなるのかな~

20151110111949.jpg
最近のデザートはリンゴと柿
美味しそうについばんでました。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aozoratamago.blog90.fc2.com/tb.php/599-c41dfa1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad