長野県下條村で放し飼い養鶏やってます。日々の出来事、思ったことをつらつらと。。。

ひよこを観察

ひよこ達を観察していると、にわとりというのはこんなにもよく動き回る生き物なのだなと思う。

大きくなった羽ヒヨコ3


まず、人が近寄るとみんなで駆け寄ってくる。

「ピヨピヨピヨピヨ!(とうちゃん、かあちゃん、腹減ったよー!)」


餌をやると、餌箱に我先にとみんなでダイブしていく。


そして、追いかけっこが始まる。

少しでも大きい餌を口にしたひよこはその場で飲み込めないからとりあえず逃げる。

黙って逃げればいいものをなぜかピーピー言いながら逃げる。

大きい餌を持って、ピーピー言ってたらそりゃ目立つわ。

餌をやってしばらくはあちらこちらで追いかけっこをしている。


落ち着いてくると床を蹴って餌を探すことを始める。

私の師匠はその行為を「けぼる」と言っていた。(所沢弁?)

「にわとりっていうのは‘けぼる'のが仕事なんだね~。」

ちなみにうちの旦那はんは「けぼる?なんやそれ~。‘つっつきひっかき'やろ。」

ひっかいて、つっつき、だから‘つっつきひっかき'。

そのまんまやん?



特に朝運動場へ放つ時、羽根を広げてジャンプして(飛んでる?)出て行く。

私はそんなひよこ達の姿が大好き。

本当に全身で喜びを表している。



よくもまあ、そんなにわとりたちを狭い檻に閉じこめた近代養鶏。

にわとりをよく観察しさえすれば、私だってわかることなのに。

こんなに動きのある動物を動けないようにしたら、そりゃ、いろいろな病気や鶏インフルエンザなんかにかかるだろうに・・・。

オールイン・オールアウト、無窓鶏舎、ワクチンに抗生物質、石灰散布・・・。

効いていますか?





今日思ったことでした。


著 もー





コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aozoratamago.blog90.fc2.com/tb.php/72-cc809dfd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad