長野県下條村で放し飼い養鶏やってます。日々の出来事、思ったことをつらつらと。。。

梅は禁物

現在、我がたまご屋では、ヌカに野菜くずなどを混ぜて発酵させたものを餌として与えている。
先日は、梅ジュース(梅シロップ)を作るために、砂糖漬けにしたシワシワの小梅の実を水で戻して、混ぜておいた。

何度か水で戻して、エキスを出したとはいえまだまだ甘みとエキス分が残っているので、ヌカの発酵に良い方向に進めばいいなぁと思って入れている。
ヒヨコたちが来る前から何度か入れていて、成鶏や、小柄な烏骨鶏はまわりの実のみを器用につついて食べていて、種だけきれいに残していた。
ヒヨコなので、口が成鶏より小さく食べれるはず無いと思っていたら、どっこい、種ごと食べた奴が2羽いるではないか。

なんで、食べたかわかったかというと、この2羽が今朝、餌をやってから、調子が悪いのである。。。
うーん、どうしよう。

鶏は、食べた餌を「そのう」という筋胃(いわゆる砂肝)の手前にある器官に溜めて、水でふやかしながら酸や酵素を分泌しつつ筋胃に送り込む。
筋胃に入ればひょっとしたら砂ですりつぶせるのかもしれないけど、、、まだ、そのうである。飲み込んだはいいけど、どうやらそれより先には、管が細すぎて送れないのかもしれない。
小梅の種は、ヒヨコの首の骨くらいの直径で、人にたとえたらリンゴを丸呑みする様なものか?ヒヨコにしてもどうやってのどを通ったのか不思議だわ。

この2羽は夕方見に行ったときには見分けが付かないほど走り回っていたので、とりあえずは回復したのかな?
朝、見に行ったときに元気で居ることを願うばかりである。


支援米田んぼ1
支援米の田んぼの様子。


支援米田んぼ2
端っこイネのの出穂が始まっていた。


支援米田んぼ3
首部を垂れているものも


秋の実りが無事訪れて収穫できることを願うばかりである。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aozoratamago.blog90.fc2.com/tb.php/73-a34a696e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad