長野県下條村で放し飼い養鶏やってます。日々の出来事、思ったことをつらつらと。。。

シラネ小麦の刈り取り

昨日のハナマンテンに続き、シラネコムギ、さらには南部小麦の刈り取りです。

シラネコムギも、ハナマンテン同様に穂首が曲がってきているので、刈り取り適期。というより、少し刈り遅れです。


なぜか、今年はシラネコムギは大きく倒れてしまって、刈るときにも特に手当しなかったので、1/3ほど刈り取りできずでした。
早いうちから倒れてしまったせいか、倒れたものは粒の充実が浅く、手で起こして刈り取るという行為もできたのですが、費用対効果の点でもったいないですが、あきらめることにしました。

草丈の高い南部小麦や農林69号、キタカミ、ユメアサヒといった品種や、茎の弱いハナマンテンなど、倒れやすい品種がありましたが、いままでシラネコムギは倒れたことがなかったので、原因を考える必要があります。


そして、お次は南部小麦です。

南部小麦、ユメセイキ、ゆきはるかの3品種が刈り取り間近なのですが、丈が高く倒伏してしまっている南部小麦を優先して刈り取ることにしました。

が、いざ刈り取ろうとしてみると、シラネコムギのように倒伏しているところが上手く刈り取れません。
踏んで倒してしまうことは少ないですが、草が詰まってしまうせいで株が抜けてしまって、うまく縛ってくれません。

なので、株元の草取りからスタートです。

数列分の草取りのあと、試しに刈ってみて、問題なく刈れそうなので、この方法で行くことに決定。
少し手間が増えてしまいましたが、まぁ無駄になるのは惜しいのでしかたありません。

明日も晴れみたいなので(明後日も曇りのち雨なので少しは作業できるかも?)、時間を有効に使って頑張りたいですね。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aozoratamago.blog90.fc2.com/tb.php/770-e0187bd8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad