長野県下條村で放し飼い養鶏やってます。日々の出来事、思ったことをつらつらと。。。

米ぬか

3月に導入したヒヨコがどんどん大きくなり、とうとう鳴き始めました。
「コケコッコー」とはまだなりませんが、それに近い音程で鳴くオスが1羽です。

成長に個体差があるので(餌が食べられない、もしくは食べるのが下手な子は体が小さく、さらに餌が食べられないという負のスパイラル)まだなんともいえませんが、通常、「ときの声」をあげ始めてから1か月ほどで初卵がはじまります。

まぁ、まだピヨピヨと言っているオスもいるので、やはりまだまだ何とも言えません。
でも、慢性的なたまご不足なので、早く生んでほしいとも思います。



で、タイトルですが、ニワトリ達の餌で、重要なのが米ぬか。
米ぬかや醤油粕や鰹節粕なんかをいろいろ混ぜて発酵させているのですが、この発酵餌のキーとなるのが米ぬかです。

油分は多いですが、それなりにタンパクやミネラルも含むのと、酵母や発酵菌が多く、嫌気発酵餌を作るときにも少し加えると発酵の質が上がります。

で、その米ぬかは、少し離れた場所のコイン精米所から持ってくるのですが、欲しいタイミングによっては1週間待つこともあります。
なので、なるべく余裕をもって(餌がまだ残っているうちに)電話して、予約をとるようにしています。

が、今の時期、困るのが天気。
フレコンバックという化繊布の大きな袋にいれて軽トラで運んでくるのですが、雨が降ると米ぬかが濡れてしまう(シートをかけても湿気る)ので、雨の日を避けて取りに行くようにしています。最悪、湿気で発酵(腐敗)が始まってしまいますし。

で、先方から提示されたのは昨日か今日。
昨日は一日雨予報だったので、少し止む今日に回したのですが、お昼か午後から雨という予報だったので、午前中にいそいで行ってきました。

いつもだと、半分はそのまま餌づくりにつかってしまうので、フレコンから箕やバケツで取りミキサーに投入するという作業なのですが、今日は雨がいつ降り出してもおかしくない天気だったので、とりあえず保管用の槽に急いで移しました。

20160629133908.jpg
せっせと移します。
最後の方にポツポツと降り出しましたが、ぎりぎりセーフでした。

20160629180437.jpg
キタノカオリがいい感じに成熟中です。
数日中に刈り取り適期になりそうなので、晴れる日があれば刈ってしまおうと思います。


20160629180839.jpg
オカノトラノオ

20160629180815.jpg
ホタルブクロ

番犬の散歩ついでに田んぼに水を見に行ったら途中にきれいな花が。
水滴がついているので余計きれいに見えますね。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aozoratamago.blog90.fc2.com/tb.php/781-97a8464f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad