長野県下條村で放し飼い養鶏やってます。日々の出来事、思ったことをつらつらと。。。

へたっぴでごめんね

しばらくぶりの田んぼの話題です。
が、悲しいことに、あまりよくない題名ですね。

葉いもちが発生しながらも、試行錯誤して対策をとってきました。

葉いもちは持ち直して新しい葉をだして、株が大きくなってきている途中でした(といってもこれもずり込みという現象かもしれませんが)。
もち米品種は場所によっては壊滅的(生育が遅く)で、ほとんど収穫できないかなぁ。
でも、コシヒカリはどんどん成長して、無事出穂しました。

と思っていたら、4割くらいが穂いもちになってしまいました。

お隣の田んぼにうつってもよくないし、一番近い田んぼはもち品種で生育が遅れ、収穫もできなさそう(穂が出ても穂いもちにやられそう)なので、刈って燃やしてしまうことに。


20160903095313.jpg
刈り払い機で切っていきます。
こちら側は少し出穂していますが、穂いもちになってしまっています。

20160903095637.jpg

20160903095639.jpg
こちら側は葉いもちで生育が遅れ、出穂すらしていません



20160903101713.jpg
コシヒカリも、半分くらいが穂いもちです。

20160903101708.jpg
ゆきむすびは、少し穂いもちが出ていましたが、もう1週間くらいで刈り取りです。
これが生き残ってよかった。


自分の経験のなさで、生育途中で殺してしまうのがかわいそうです。。。
来年はちゃんと最後まで育てて次の種を残せるようにしてやりたいですね。


(9/4追記)
忙しいですが、朝から燃やしてきました。

20160904065323.jpg
少しはいもち病菌の絶対数を少なくできたでしょうか?

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aozoratamago.blog90.fc2.com/tb.php/831-f8a83a9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad