長野県下條村で放し飼い養鶏やってます。日々の出来事、思ったことをつらつらと。。。

ネギの植えつけ

ネギの植えつけをやっと終えました。

畝間を狭くしすぎたようで、窮屈なうえに畑一枚の半分ほどしか使ってない・・・

この空いているところに何を植えようか考え中。

おそらく前年はカボチャが植えられていたみたいなので、ウリ科は肥料切れの可能性有りでしょうか。

今年は肥料はあまり使わず、畑の地力がどんなもんか見てみたいと思ってる。

(実は、肥料にお金を使えないだけ・・・とりあえず、当初の目的の鶏を軌道に乗せないと)


あとは、貰ってたキャベツの苗を別の畑にやっと植えつけ。

この畑は貰った順に植えつけてるから何でも畑になってしまってる・・・

お恥ずかしい限り。


今日は、鶏のえさや敷き料に使える廃菌床を頂くためにキノコ農家さんへ交渉しに行ってきました。

廃菌床とは、キノコを栽培するときに使うオガクズやヌカなどを混ぜた培地で、畑作物でいうと土の役割をするもの。

これに種にあたる種菌を植えつけてキノコを栽培します。

廃菌床は栽培が終わった物やから栄養分はあまり無いけど、ある程度分解された繊維質に富み、菌体タンパクもある程度あるから、鶏の繊維餌としての役割は結構高いみたい。

いくつか当たってみたけど、なかなか大規模でやってるキノコ屋さんはこちらの要望どおりには行かないことが多く、多難かなぁって思ってたけど。

JAのきのこ課の方を紹介してもらって、その方経由で小回りのききそうなキノコ屋さんを教えてもらっての今回の交渉。

結果としては、こちらの条件は、ほぼクリアで対応して貰えることになり、JAの方にも感謝感謝。

さて、鶏舎を早く建てないと。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aozoratamago.blog90.fc2.com/tb.php/9-8befb925
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad