長野県下條村で放し飼い養鶏やってます。日々の出来事、思ったことをつらつらと。。。

土壌診断

土壌診断

作物を育てるうえで、土がどんな状態であるか知ることは重要。
土にどのようなモノが含まれているのか、含むことが出来るのか。肥料成分の他に空気は?水は?というような事を知っておくと、適・不適な品目なんかもわかるし。

阿智ゆうきの風という有機農産物の生産者グループが、この春から本格的に活動しているのだけど、その中に一応いれてもらってる(うちはまだなんも出荷するもん無いけど・・・)
そのグループの中で、土壌診断キット「Dr.ソイル」(Dr.フィールド)を(一応)購入したそうで、その講習に参加させてもらった。

窒素分やリン、カリウム、その他微量要素と呼ばれるもの、pHやECなどが手軽に測定できると言うのがウリ。
大学で、植物培養をやっていたので、植物生理の分野を思い出し、もう一度勉強しないとなぁという気になった。
一応、大学の時のノートは実家から持ってきてて、たまーに見てるけど、その辺の堅っ苦しい本なんかより全然わかりやすい。
無駄に学費を払ってなくて良かった(汗

土壌診断1
試験管やらマイクロピペットが列ぶ。連続分注器まであるなんて。。。
まさか百姓になってまでこんな事やるとは・・・楽しいけど(笑

土壌診断2
測定画面。窒素は低く、カルシウムは高い。サツマイモ畑なんだけどなぁ・・・

土壌診断ありきでの行動は問題だとおもうけど、作物の結果を考える要因としては診断結果があったら分析しやすいんじゃないかなぁ。



耕耘機
全然話が変わりますが、耕耘機を頂きました。
意外と面積があるので、管理機よりは耕すのが楽になりそうです。大きくて扱いきれるか心配。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aozoratamago.blog90.fc2.com/tb.php/94-1cb16b0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad