長野県下條村で放し飼い養鶏やってます。日々の出来事、思ったことをつらつらと。。。

中洞牧場5日目

今日は朝から牛乳製造がある(基本的に毎週月と木らしい)ということで、朝4時からプラント入り。
牛乳の殺菌工程を見せていただきました。

タンクと近い配管の蒸気殺菌が終わると受乳室からパイプラインでタンクに原乳を移送。
蒸気、蒸気+水、温水の順にだんだん温めていき、5時半頃に63℃に到達。
そのまま30分63~65℃を維持し、排温水したあと、水道水を入れ、さらにチルド水に入れかえて、チルドタンクとの間で冷水を循環させて冷却していました。
冷却には2時間弱ほどかかるらしく、いったん休憩。
そのあと、8時から充填開始。

130ml容器、500ml容器、720ml容器と業務卸用の10lボトル(ソフトミックスに使ったのと同じ可変型プラスチックタンク)に充填していきます。
各容器の充填が1つの充填機(プラボトルとガラス瓶と素材が違うにもかかわらず)でできるというのも驚きでした。



ただ、やっているのを見て思ったのは、地味な作業。。。
業務用のはまぁいいとして、500mlや130mlのはひたすらルーチンワークを1種類のボトルごとに1.5時間くらい。
作業しているとちょこちょこ動くので気にならないかもしれませんが、ずっと立ちっぱなしで作業を見ているとかなり腰にきて、辛かったです。

途中、ヨーグルトの製造もあり、牛乳の各サイズを充填している間にヨーグルトの製造の方も見せてもらいました。

昨日からソフトミックス、牛乳、ヨーグルトと一通り見せてもらって非常に勉強になりました。


数日前から井戸ポンプの調子が悪く、水が少ないと聞いていたのですが、今日の夕方は宿泊棟(事務所も)の水が出なくなってしまいました。
今日はお風呂も無しです。(夕方の)牛の作業して風呂無しはちょっと辛いですね(苦笑)

今日も来客があり、中洞さんと飲むことに。
中洞さんの高校の恩師だそうです。

今日は朝が早かった(3時起き)のでさっさと寝ます。
おやすみなさい。

P2225124.jpg
原乳の殺菌・冷却をこなすジャケットタンク。
2重になっていて蒸気や温水、冷水、冷氷水を流すことで中の温度を変化させます。よくできているなぁ。

P2225125.jpg
充填機。
アタッチメントを少し変えることで、瓶からプラボトルの各容量まで使える汎用性の高い製品でした。

P2225126.jpg
原乳タンクから各製造室へ送る可変バルブ。
今日はこの後牛乳に付け替えました。
今はチーズは作ってないそうです。


P2225147.jpg
原乳を入れる前の蒸気殺菌。
蒸気って危ないけど便利です。

P2225144.jpg
ところどころ配管にはガラス管の部分があって、中がのぞけます。
これは蒸気+熱湯が流れているところ

P2225303.jpg
各商品の検査をする部屋もあります。
食品事故は大変ですから、ちゃんとチェックする必要があるんですね。
まぁ、法律できっちり決まっているんですが。。。これも大変ですよね。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aozoratamago.blog90.fc2.com/tb.php/942-73f24b3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad