長野県下條村で放し飼い養鶏やってます。日々の出来事、思ったことをつらつらと。。。

欲張るのは良くないというお話

こんばんわ、このあたりでは徐々に紅葉が近づいてきました。。。
寒い冬の始まりだ。

昨日は朝から白州市までドラム缶を買いに行ってきた。
7時過ぎに家を出て、一般道で伊那、高遠、諏訪を経由して山梨県白州市へ。

水が美味しいのか、ジュース工場やウイスキー工場がある。
そのうちウイスキー博物館に行って工場見学と試飲したい。もちろん飲酒運転は駄目なので、相方(もー)に運転はお願いしてだけど。

帰りも一般道で帰ってきて、ちょこちょこ寄り道をして午後3時に帰宅。
途中、コイン精米所に寄ってヌカを貰ってきた。下伊那でも阿智、飯田は稲作が少なめなのか、需要が多いのかわからないけど、なぜかヌカが有料。コイン精米所も持って行けないようにしてある。
それが、上伊那だと(自分が知る限り)一般的な「ご自由にお持ち帰り下さい」になっている。

だから、米袋を持っていって、入りきらない分は買ったドラム缶に詰め、7袋分くらい持って帰ってこれた。
ちょっとは経費削減になったかな?

そして、帰宅。
そこからが良くないことの始まりだった。

帰宅後、ちょっと休憩し、村にあるライスセンターへ籾殻を取りに行く事に。
と言うのも、籾殻も需要が多く、なかなか手に入らないと聞いていたのだが、昨日有機農家の知り合いから籾殻がたくさんあったよ~という情報を聞いていたからである。

ライスセンターでコンパネを立てて、荷台にたくさん積み、発車した直後、何か異音が・・・
サイドミラーで後ろを見ると、籾殻が滝のように地面に落ちている!!
(上から荷台に直接積める様になっている)

あわてて車を止め、籾殻を止めに行く。
どうやら、車のどこかに籾殻を出し入れする紐が引っかかって、開いてしまったらしい。。。

荷台にはたくさん積んでいたけど、地面に落ちた分を無理矢理積もうと頑張ったけど、多すぎて載らんかった。。。
ライスセンターの職員さんに相談したら、もう一回取りに来てくれれば良いとのこと。

とりあえずシートをかぶせ出発して、ちらっと再度ミラーを見ると・・・
こぼれている(出発してわずか30mくらい)
あわてて停車し、こぼれている隙間に着ていた服を詰め込む。

また発車してしばらくは大丈夫だったのが、100mほどでまたこぼれだす。。。
またあわてて停まって、隙間をまた服を脱いで詰める。

その後は快調で、全長5キロほどの道程の半分くらいまで走ったとき。
また、漏れだした。。。

その隙間は2回目に塞いだ隙間だったが、服なんか関係ないほどの圧がかかって漏れ出てきた。

もう二人で途方に暮れてしまって、どうしようか悩んでしまった。
(一人で来ていれば、紙袋なり何かを持ってきてもらって載せ替える事が出来たけど、二人とも来てしまっていた)

ふと、その場所がお世話になってる先輩有機農家さんの畑の近くという事に気付き、電話をかけて、その畑に仮置きさせてもらえないか聞いてみることに。

結果は、二つ返事でOKとのこと。
いつもお世話になって、更にお世話になってしまった。

畑で積み過ぎた分をおろし、またこぼれないかドキドキしながら無事帰宅。
籾殻をおろして、箒とちりとり、箕を持って急いでライスセンターへ戻って籾殻の山を片付けをする。
それが終わったら今度は途中の道でこぼしてしまった籾殻を箒で集めてせっせと紙袋へ。
日が暮れて見えにくくなりつつも頑張って片付けました。

もう、しばらく籾殻を運びたくないと思う出来事でした。自業自得なんやけど。。。

結局、籾殻はフレコンを借りて、袋に入れて運ぶことにします。
コンパネを荷台に立てるだけだと、籾殻は軽いので簡単に飛ばされてしまう。
たぶん、量をちゃんとすれば大丈夫でしょうけど、トラウマです。

フレコンも自分のを用意しないとね~

欲張ってたくさん載せなければ良かったと言うのが、ひいては欲張るのは良くないという教訓でした。
本当に反省です。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aozoratamago.blog90.fc2.com/tb.php/98-b012aba6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad