長野県下條村で放し飼い養鶏やってます。日々の出来事、思ったことをつらつらと。。。

中洞牧場6日目

一応、研修としては最終日。
全部で8日間ですが、初日と最終日は基本的に移動日なので、作業自体は今日で最後です。


午前中はいつも通り、朝6時から牛追い→搾乳→パドックの掃除や搾乳パーラーの掃除、餌の管理などで終了。

そうそう、搾乳の途中から中洞さんに付いて井戸ポンプの修理・調整の手伝いをしていました。
中洞牧場は結構な僻地にあるのですが、こういう何か部品や機械が壊れた時には基本的に自分で修理するそうです。
まぁ、うちも何かと(自分でやりたいので)自分でやってみますが、それとは別次元での問題でした。


午後からバターの商品詰め
充填された容器に品質表示シールを貼ったり、ふたをはめたり、梱包箱に緩衝材と商品説明カードと一緒に詰めたり、最後に梱包箱にステッカーを貼り付けて完成。
その他、梱包箱を組み立てたり、緩衝材を切り分けたりと、なかなか手作業での商品準備は大変です。
うちでもタマゴの調整は似たようなことをしていますが、このあたりも価格が高くなる要因の一つだと思います。
なかなかこれを機械化するというのは無理ですね。

「うちのタマゴや中洞牧場のバターなどこういったのは特に」商品は値段だけではなく、「どうしてその商品がその値段なのか」を考えながら評価してほしいと思います。
なかなか、値段が先に見えてしまって難しいんですけどね~

そして、夕方の搾乳。
中洞牧場最後の搾乳作業です。
中洞牧場では1頭1頭にしっかり名前をつけていて、しかも名前を呼ばれると歩いてくる(来ないときもある)という慣れよう。

実習生・研修生は耳標番号を見て、表から番号を探し、名前や乳房の状態、後処理の方法などを見ているのですが、6日間やってようやく特定の牛を覚えました。
みかん、りんご、ドレミ、カシュー、チラちゃん、びじん、ソラシド、星、ばーちゃん、すず、六花、オイスター、つぐみ、しかこ、よもぎ、ゆかり、もじゃこ、アマ・・・などなど。。。

名前と顔が一致してくるとやっぱりかわいいもんですね。

搾乳が終わり、入浴したあとに夕食。
前日から中洞さんの高校の恩師が来られていることもあり、アルコールを交えての夕食です。

P2235308.jpg
中洞さんと奥様
右手に移っているのが高校の恩師殿

P2235309.jpg
中洞さんの後ろには薪ストーブがあり、この部屋だけでなく木をふんだんにつかった事務所兼研修棟でした

こちらの滞在中、他に研修生が日獣医大から来ていたのですが、体調不良で不在。
他に研修棟に住んでるスタッフさんもいるのですが、この日はイベントやイベント前日で外出やバタバタしていたようで夕食は我々と中洞さん達だけでした。
滞在中多いときは15人くらい集まったので、少し寂しいですね。

さて、明日は帰路につきます。
事故を起こしたりしないように気を引き締めて帰ります。

中洞牧場5日目

今日は朝から牛乳製造がある(基本的に毎週月と木らしい)ということで、朝4時からプラント入り。
牛乳の殺菌工程を見せていただきました。

タンクと近い配管の蒸気殺菌が終わると受乳室からパイプラインでタンクに原乳を移送。
蒸気、蒸気+水、温水の順にだんだん温めていき、5時半頃に63℃に到達。
そのまま30分63~65℃を維持し、排温水したあと、水道水を入れ、さらにチルド水に入れかえて、チルドタンクとの間で冷水を循環させて冷却していました。
冷却には2時間弱ほどかかるらしく、いったん休憩。
そのあと、8時から充填開始。

130ml容器、500ml容器、720ml容器と業務卸用の10lボトル(ソフトミックスに使ったのと同じ可変型プラスチックタンク)に充填していきます。
各容器の充填が1つの充填機(プラボトルとガラス瓶と素材が違うにもかかわらず)でできるというのも驚きでした。



ただ、やっているのを見て思ったのは、地味な作業。。。
業務用のはまぁいいとして、500mlや130mlのはひたすらルーチンワークを1種類のボトルごとに1.5時間くらい。
作業しているとちょこちょこ動くので気にならないかもしれませんが、ずっと立ちっぱなしで作業を見ているとかなり腰にきて、辛かったです。

途中、ヨーグルトの製造もあり、牛乳の各サイズを充填している間にヨーグルトの製造の方も見せてもらいました。

昨日からソフトミックス、牛乳、ヨーグルトと一通り見せてもらって非常に勉強になりました。


数日前から井戸ポンプの調子が悪く、水が少ないと聞いていたのですが、今日の夕方は宿泊棟(事務所も)の水が出なくなってしまいました。
今日はお風呂も無しです。(夕方の)牛の作業して風呂無しはちょっと辛いですね(苦笑)

今日も来客があり、中洞さんと飲むことに。
中洞さんの高校の恩師だそうです。

今日は朝が早かった(3時起き)のでさっさと寝ます。
おやすみなさい。

P2225124.jpg
原乳の殺菌・冷却をこなすジャケットタンク。
2重になっていて蒸気や温水、冷水、冷氷水を流すことで中の温度を変化させます。よくできているなぁ。

P2225125.jpg
充填機。
アタッチメントを少し変えることで、瓶からプラボトルの各容量まで使える汎用性の高い製品でした。

P2225126.jpg
原乳タンクから各製造室へ送る可変バルブ。
今日はこの後牛乳に付け替えました。
今はチーズは作ってないそうです。


P2225147.jpg
原乳を入れる前の蒸気殺菌。
蒸気って危ないけど便利です。

P2225144.jpg
ところどころ配管にはガラス管の部分があって、中がのぞけます。
これは蒸気+熱湯が流れているところ

P2225303.jpg
各商品の検査をする部屋もあります。
食品事故は大変ですから、ちゃんとチェックする必要があるんですね。
まぁ、法律できっちり決まっているんですが。。。これも大変ですよね。

中洞牧場4日目

今日は午前中、いつもの牛追いから搾乳手伝い、パドックの糞出し。
寒くて搾乳場やその手前のパドックの糞も凍ってしまうので、なかなか大変です。。。

リーダーのMさんに、プラントで水曜日か木曜日にソフトミックスを作るときがあるかもしれないと聞いたから予定を確認して、もし製造の予定があるなら見学させてほしいことを言うと、確認してもらえました。
そして、午後からプラントに入ってソフトミックスの充填を見学することに。

プラントは当たり前ですが、清潔にしなければとのことで、一度入浴してからの立ち入り。
食品は一歩間違えれば食中毒事故になってしまうので、気を使いますね。前職の食品工場へ入る時を思い出しました。


プラントの中は百聞は一見に如かずの言葉通り、すごく面白い内容でした。
蒸気ボイラーからの蒸気ラインやミルクのライン、殺菌・冷却タンク、やポンプの構造、仕組み、やり方。ソフトミックスは充填容器や保管方法など、実際に見てみないとわからないことだらけでした。

カメラを持ち込めるかわからなかったので、写真は無しです。
あとから聞いたら、殺菌して持ち込めばいいとのことだったので、明日は牛乳の製造を見せてもらえるとのこと。明日は持ち込もうと思います。

夕方からはいつもと同じように搾乳作業。
途中ミルカーの調子が悪く、結構終わるのが遅かったです。

で、ちょうど十勝の本別町からバイオダイナミック農法をやっている夫婦でアメリカ人のベン(59)と日本人の奥様このみさんが見学に来たらしく、その歓迎飲み会とキャンベル夫妻がやっているバイオダイナミック農業についてのスライドショーを見ました。
まぁ、調剤(ホメオパシーのレメディみたいなもんらしい)を作って撒いたり(天恵緑汁みたいなもの?でも映像では液を作ってぐるぐる混ぜて正方向と逆方向に何回も渦巻きを作っていた。酸素の補給とほか何かあるらしい)月の満ち欠けで種まきや刈り取りなどを決めるやつらしい。
ちょっとトンデモ説的なところもあって、そういう魔術的なものが好きな人は好きだろうね。
調剤に使う自然農的な飼い方で買った牛の(しかも経産牛)角が欲しいらしく、くださいと言っていた。
カルシウムやミネラルはあるだろうけど、まぁ牛の角だもんね。。。



そうそう、今日は朝は晴れていたのに少し曇ってきて、午後は曇りでした。
なかなかこっちに来て晴れた天気だなぁというのは無いですね。
来た次の日(日曜日)くらいかなぁ。。。

中洞牧場3日目

いつも通り朝から搾乳作業。
昨日の夜から風が強く、夜中もびゅぅぅぅぅううううううという音がしょっちゅうなっていました。
で、もちろん今日も風が強く、おまけに雪も降っていて朝の新雪が10cmほどでした。

そんな中ですが、牛たちは生活しています。

風が冷たいのか、心なしかさっさと搾乳場に帰ってくる牛たちも多く、やっぱり寒いもんは寒いんだよなぁと思います。

基本的にはいつもの作業のルーチンワーク。
昼に除雪の仕事があったくらいです。

夕方の搾乳の時に、先にパドックというか一時貯牛場のうんこ取りをしていて、スタッフのTさんとOさんが先に搾乳していたけど、早い早い。やっぱり、研修生が耳標見て名簿から探して、確認してもらって・・・なんて時間かかるよね。

作業の合間にいろいろと疑問に思ったことを聞けているのでこちらはありがたいですが、ちゃんと宿泊などの対価として労働で還元出来ているのかなぁ?

中洞牧場2日目

ようやく研修施設のwifiのパスワードを教えてもらい、なんとかネットにつながることができました。
ちょこちょこ更新していきます。

今日も朝から牛追い、搾乳作業。

今日は1週間に3回あるアルコールテストの日。
普通の酪農家さんは異常を感じたらアルコールテストしてみるという使い方だったと思うけど、ここでは週に3回も行っているとのこと。
さらに今日は週に1回の試飲の日。

1頭の、しかも乳房ごと(基本4つ)のそれぞれを2回ほど絞って口に含んでの味見。
しぼりたての牛乳を味わいました。

コップが冷たくなっているので、はじめと終わりで温度が変わってくる(温かくなってくる)のも味の変化があるし、個体ごとにも味が違っているので面白かった。
甘かったり、クリーミーだったり、と牛も少しの遺伝的なものと、前日や数日前までにどんなものを飲んだかで味が変わるようです。
まぁ当たり前っちゃ当たり前ですね。


そうそう、気づいたことが。牛の鳴き声が基本的に少ない。
どうしてもつなぎで飼っていると餌の前なんかの時間は早くよこせ~とモ~っとなくのにそれがほどんどない。

牧場担当のリーダーであるMさんに伺ったら、基本的には空腹と枯渇、痛み、肉親(親子関係)を呼ぶ声が3大の鳴く要因だということ。
で、ここでは、基本的に離乳時の親子の引き離し以外はそのように鳴くことが少ないのでしょうとのことだった。
うーん。なるほど。
一番よく聞くのは、餌の前だったから納得。。。


午後からは中洞さんじきじきに講義してもらいました。
自分自身は去年の同6月8日に根羽村で一度聞いているので、復習のような感じですが、同行している酪農家跡取りのTくんがどんな感想になったかドキドキ。
結構、やっていることが現行の「酪農」と呼ばれている内容とは逆に近いので、批判気味にならざるをえないのが気にかかります。

そのあと、遅れて夜の搾乳作業。
途中でミルカー(搾乳機)の調子が悪くなり、いつもより時間がかかって搾乳が終わりました。

さて、明日は何を学べるのかなぁ。。。

20170220055403.jpg
朝6時前から牛舎に向かう牛たち
早い牛は4時くらいの真っ暗な中集まってきてました。


20170220060954.jpg
昨日生まれていた子牛
-10℃以下だろうという外でお母さん牛と一緒にいたみたいです。
母牛は母性本能か、近寄ると軽く威嚇してきたので、そのまま牧場スタッフに任せました。


20170220063239.jpg
ストーブの上の網で温まるにゃんこ
可愛いです。

20170220063524.jpg
育成中の牛も一緒に外にいますが、搾乳するものと搾乳場の隣で分けて、別にミネラルとビートパルプを与えていました。

20170220115707.jpg
今日は風が強くて寒いからか、お昼前からすでに搾乳場の近くまで集まってきています。

中洞牧場1日目

昨日は飲みすぎで、少し眠りが浅く、さらに起きれるか心配だったのもあって、さらに眠りが浅かったです。
それでも朝5時から起きて準備体操をしたり、ちょっと朝ごはん代わりにつまんだり。

そして朝6時から朝の作業。
まずは牛追いから始まり、搾乳、片づけなどと並行して哺乳やらパドックの糞だしなど。
今日は牛追いと搾乳、そして少し片づけをやらせてもらいました。

日曜日ということもあって、お昼からの作業はお休み。
午後3時まで自由時間でした。

自由時間のあいだに牛が放たれているところを見に行ったり、中洞さんにいろいろ事前に考えてきた質問をしたりしたあと、中洞夫人から寝てきなさいとのお言葉をいただき、あんまり眠くなかったので寝つきは悪かったのですが、1時間ほど仮眠しました。

そのあとは午後の作業。
朝と同じで牛追い、搾乳、片づけでした。

さて、明日は平日。
どんな作業でしょうか。

P2185105.jpg
山の上から研修棟と事務所
右側にはプラント、(使ってない)タワーサイロ、牛舎

P2185119.jpg
夏なら緑の芝生なのになぁ。人は入っていけない(いけるけど)雪山


P2185106.jpg
撒いたサイレージに誘われて雪山で草を食んだり、休んだりする牛たち。

P21851131.jpg
-10℃くらいだろうと思われる気温でも凍らない湧水。触ってみましたが、手が凍りそうになる気温にもかかわらず、冷たくない水温(浸けてられない水温ではない)でした。
牛たちの飲み水にもなっているようです。
このあたりは水が染み出す土地らしく、少し掘ると出てくるのだとか。

いざ中洞牧場へ

家を朝5時に出発。


同行するのは村内で同じ地区内のTくん
T君とは消防団での入団同期でもあり、ご実家が酪農を営まれているのもあってどのような結果になるかわからないけど、無理やり誘って一緒に来てもらいました。

それにしても遠いです、岩手県岩泉町。。。

途中何度か休憩しつつ、最寄りの高速道路インターチェンジ「盛岡」を出たのが14時半ごろ
それからまだ一般道で山道を100kmと、まだまだあります。

意外と、盛岡市からが遠く、岩泉町に入ってからは去年の8月にあった台風の被害を横目に見つつ、中洞牧場がある有芸地区へ。

結局、盛岡から2時間半くらいかかって、中洞牧場に着いたのは5時前でした。片道12時間。。。

雪は1mくらいあるのかと思っていたら少し少な目で60cmくらい。
でも気温は夕方4時で-3℃。
やっぱり下條とは少し違う感じで、風邪も強く体感温度はもっと寒い感じでした。

到着してからは、まず中洞さんに挨拶して宿泊部屋で荷物整理を行ったあと、牛舎へ。
夕方の搾乳作業などを見させてもらい、いろいろと写真を撮りました。たぶん作業していると写真を撮る時間がなさそうだもんね。


この日はたまたま帯畜の動物行動学と動物福祉の先生が、中洞牧場の動物福祉認証検査のために学生さんと来られていて、夜は中洞さんも含めてお酒を交えての交流会。

色々とお話することができました。
ちょっと飲みすぎですね。
おやすみなさい。

春の陽気

今日は気温が10℃まで上がって春の陽気でした。

鶏の世話の後、飯田方面への出荷準備やら発送の段取りをした後、ワークショップで使っていた機材の整理整頓を行いました。

で、その途中、トラクターをワークショップ会場となっていたハウスに入れようと動かしていたら、少し地面を荒らしてしまった上にスリップして入れられなくなりました。

このハウス、傾斜地に立っているのですが、今日の陽気で地表部分が解けたのに対し、地下3cmくらいから下はまだ凍っているという状況で、ちょうど表面は氷の上に水分がある状態。
トラクターは4駆だったのですが、それでもダメでした。

2台あるうち、知人にお借りしている方は初めに入れたので無事入ったので、まぁ良しとしましょう。
明日、地面が凍っているうちにもう一台も入れてしまいたいなぁと思っています。

暖かくなるのはいいけど、こういう地面のぬかるみがたくさん出てくるので、これからの季節はちょっと大変です。

飼料粉砕機

イベントが終わってひと段落。といっても週末からまた一つプライベートでのイベントがあるのであんまりゆっくりできませんが。。。
更新できていなかったブログをちょこちょこさかのぼって書き直していくつもりです。。。リアルタイムではなくてすいません。。




今日はイベントの後の片付けやら、疲れが少し出ているのでゆっくり作業やら。

のつもりでしたが、午前中に地元メディアの取材が入ったり、午後からは家畜保健所の定期健診(鳥インフルの関係)があったりと、あんまりゆっくりできず(笑)

屠畜ワークショップの後は、人が来てびっくりするのか、こちらの管理がおろそかになるのか、両方なのか、少し産卵数が落ちます。
改善してもらうために少し餌を多めにしておきましたが、どうでしょうかねぇ。



20170214172818.jpg
今日は、某オークションで購入した飼料粉砕機が支店止めになっていたので引き取りに行ってきました。
動力が付いていないので、今後どうなるかは未定ですが、未利用資源をうまく活用できるようになればなぁと思います。



20170215064553.jpg
昨日のことが載っていました

鶏と麦の宴2017が終わりました。

今日、今シーズンの屠畜ワークショップ「鶏と麦の宴2017」が終了しました。
1月に2回、2月に2回の全部で4回。

2月は先月の下旬ごろから予約が多く入り、定員いっぱい。
キャンセル待ちという状況でした。

1日目は13グループ40人(子供16人)2日目14グループ21人の参加となり、2日間の合計で約60人もの方に体験していただけました。

たまご屋のニワトリの飼い方、餌の内容、卵のこと、床の様子、有精卵って?、品種などなど、一通りの説明のあと、
さっそく鶏を捕まえてもらいます。

そして命をいただき、解体する。
そして、持ち帰ったニワトリで作っていただく「スープ」の見本とたまごかけご飯を味わってもらう。

一連の流れの中で、いろんなことを感じてもらう。
肉のぬくもりにびっくりした人。
(あたりまえだけど)砂肝や心臓が1羽にひとつしかないこと(スーパーのパック入りの砂肝・レバーや焼き鳥のひと串が何羽分?)
羽がなくなっていくにしたがって、突然見慣れた「肉」になること。

なかなか心ではすっと理解できないことだらけのなかで戸惑う方
温かさが食となる一連をみて、腑に落ちる方

いろんな方がいらっしゃいますが、すべての参加された方の心の糧となればいいなと思います。


さて、またこのワークショップは来年。

ぜひ参加したい!!ちょっと興味があるなぁという方は今のうちに連絡をいただけると、次年度の日程が決まった時にお伝えしますので、思い立ったが吉日の今、ご連絡ください。

種苗交換会

20170211075335.jpg
昨晩からまたすこし雪がちらつき、新雪です。

新雪になると、動物たちの足跡が浮かび上がるので、どこをどのように歩いているかわかるので、面白いです。


さて今日は屠畜ワークショップの準備で忙しいですが、時間をやりくりして長野有機農業研究会が共催している種苗交換会に参加してきました。

その前にもちょっと用事があり岡谷に寄ってからの参加。

「みんなで作ろうお醤油プロジェクト」の説明と、うちで栽培してる豆類の栽培方法情報や種子の交換。
短い時間でしたが、普段会わない方々とお会いでき、良い時間になりました。

快晴

今日は昨日とはうって変わっていい天気。

朝もばっちり冷え込みましたが、日中は日差しが暖かい。

20170210104358.jpg
お日様ピカピカです。

阿智方面の出荷とおからの日なので、なかなか時間が取れませんが、今日はワークショップの準備をしました。
あっという間に時間がたってしまいます。

頑張らないとね~

軽トラ車検

今日は朝から雪が降り、風邪もそれなりに吹いています。


20170209093325.jpg

20170209093332.jpg
解けたなぁと思っていた地面にまた雪が積もって一面銀世界に逆戻り。


こんな天気の中ですが、軽トラを車検に出してきました。
少し前から速度計の様子が変だったり、エンジンチェックランプ(ノックセンサー異常)が出たりと少し調子が悪くなってきていたので、ちょうどいいタイミングでの入庫です。

でもこの軽トラ、エンジンがかけにくいんです。
購入時点ですでにスペアキー1本だったのですが、それがだんだん摩耗してきたのか、セルを回すところまで回してもセルが回ってくれないんです。。。
なので、自分でキーシリンダハーネス周りを加工して、プッシュスイッチでセルを回す機構をつけてみました。
まぁ、車やさんにこんな状態(エンジンがかけにくい)で持って行っても迷惑だなぁと思ったので改良してみました。


20170209115337.jpg
今回は少し高めの車検関連料金になると思いますが、軽トラが動かないと仕事にならないので大事です。

鶏糞撒き

20170208061636.jpg
今日は予想通りグッと冷えた朝でした。

昨日詰めた鶏糞を、朝のキンキンに冷えた時を狙って軽トラを鶏舎に横付け。
一気に積み込んで畑に運びます。

20170208091349.jpg
地面が凍っているうちにちゃっちゃと関連の作業も進めます。

で、運び終わったら通常のニワトリ作業(餌を与えたり、卵を取ったり、床の調整をしたり)をこなして、一息。

そのあと、畑に運んだ鶏糞を果樹の根本に出していきます。
もちろん、軽トラからは朝のうちに各果樹の根元に数個ずつ順番に下ろしておくので、軽トラがぬかるみにはまる心配もありません。



20170208144432.jpg
口を開けて果樹の根元に山盛りにしていきます。
流れることを考えて山側に多めにおいていきますが、実際はどうなんでしょう。
そして、樹冠と同じように根が張っていると言いますが、うちのアーモンドは枝が広がっておらず、まだ根も広くないので、鶏糞の範囲も小さく、そして積みあがるようになります。
どんどん効いてくれますように。。。

鶏糞を詰める

鶏糞というよりかは、うちの床は堆肥よりも腐葉土に近いと思います。
いつももらってくるチップがたくさん入っているので、C/N比(炭素と窒素の比率)はかなり高め(炭素が多い)だと思います。
しかもいい感じに分解が進んでいるので、土壌改良にプラスして幾分かの養分と考えて使うと最適だと思います。

とりあえず、明日は朝凍りそうなので、せっせと床を袋に詰めて口を縛って貯めておきます。

20170207115247.jpg

○○となんとかは登りたがると言いますか、なぜが、こういう風に積み上げると乗りたがるのがニワトリ達。

明日は運び出せるかなぁ?

自家製ラーメン

少し前に取った鶏ガラスープが出来てきたので、ラーメンスープにするべくそれ以外を加工しました。

麺は自家製粉のハナマンテンに10%ゆきはるかをブレンドし、卵と塩を加えたアルカリ分無しの卵麺。

そして、普通の(国産)豚で煮豚を作り、チャーシュー替わり。
味玉も入れました。

そのたれと濃縮煮干し出汁、鶏がらスープを加えてラーメンスープにして、上記具材を放り込めば完成。

20170205203855.jpg
原料もほぼ自家製白湯ラーメン!!

もちろん美味しいです。
ちょっとグルテンが強すぎるのか、製麺は大変でしたが、コシのある美味しい麺でした。
ただ、伸びるのが早いので、もう少し水分を減らしても良いのかなぁ?この辺はどうやって調整するのかわからないので、ご存知のかたいたら教えてください。

松本へ

ちょっと松本で農商工連携というか6次産業化の事業をされている飲食店の方といろいろ話しているのですが、今大枠のなかでちゃんとした食材をちゃんと加工して、ちゃんと食べようよという感じで進めている企画があります。

まぁ進めているのは私ではなく、その飲食店の方ですが・・・

その関係で、今日は午後から松本へ行ってきました。

その前に、それにも参加している安曇野のさゑわいファームさんにお邪魔してきました。
まだお試しということもあって、少数羽ですが、鶏を飼っているので、それを見に行ってきました。

20170131163114.jpg
数が少ないということもあるし、少ない分ちゃんと管理できているので状態は素晴らしい。
人懐っこいし、やっぱり少数羽っていいなぁと、就農前の京都時代を思いだします。

20170131201028.jpg
その会合で出た三澤農場さんの豚肉ステーキ
臭みも無く(ただちょっと若めかな?)美味しいステーキでした。

豚やさんのほかにリンゴやさんや、イチゴやさん、スイカやさん、トマトやさんなど、いろいろ参加されています。
私は少し遠いので、もし松本周辺で冒頭の方が気に入るたまご屋さんが出てくれば、そっちでできれば、地域内循環の輪ができていいのになぁと、内心思っています。


20170131132422.jpg
途中の南アルプス。
雪模様が浮かび上がるのは有名ですが、やっぱりこの中でも鶏マークが好きです。

ぬかるむ

P1305027.jpg
朝はじんわりと明ける良い景色でした。


今日は一日しとしと雨。変な天気です。

こんな時は朝から鶏舎のまわりがぬかるんで作業がやりにくいです。
特に、水を運ばなきゃならないので、逆にキンキンに冷え込んでくれる日がうれしいです。

20170130085031.jpg
通路がぐっちゃぐちゃ

20170130085036.jpg
この泥が一輪車の車輪にからんで大変です。


20170130085101.jpg
昨日撒いた鶏糞ですっかり解けた玉ねぎ畑。
今日の雨でさらに解けました。


20170130192300.jpg
溜まっていたガラでスープを取り始めました。
そのうちラーメンを仕込もうと思います。

鶏糞出し

一番(熟成が進んでいる)古い床の部屋の鶏糞を出し始めました。

夏は忙しくてなかなかできず。
この時期が一番時間を取りやすいのですが、雪が積もって畑に入れなかったり、朝晩以外は地面がぬかるんで軽トラが鶏舎近くまで入れなかったりと制約が多く、あんまりこの時期でも作業がしにくいのですが。。。


20170129142422.jpg
前日に袋に詰めておき

朝、まだ地面が凍っているうちに軽トラに積んで畑までもっていきます。

軽トラで6杯くらいは出していきたいです。
朝は腰が少し辛いのですが、ぼちぼちやっていこうと思っています。

おからと熟柿、柿の皮

週末は雨の予報。

このあたりは雪になるかもしれませんが、去年のこの時期に-17℃の冷え込みになったことや、いつも1月末から2月上旬は寒さが厳しいことを考えると、おかしな天気です。

根雪に近い状態で、気温が上がってしまうと地面がぬかるんで作業がすごくしにくくなるので大変です。
どうなることやら。。。

20170127101314.jpg

20170127101312.jpg
そんな気温の差が大きい中、頑張って産んでくれています。
最近は、おからに熟柿・柿の皮をまぜて、マーブル模様にしてやったもの。大好物です。

インフルエンザが流行ってるけど、体調崩さないようにね~

床材チップが凍る

先週は、朝の最低気温が-6、7℃だったのですが、ここ数日は-10~12℃。
家も寝る前に水抜きをしないと凍って大変なことになりそうです。

20170126072402.jpg
ニワトリ用の床材チップを取りに行って、おろす暇がなく、軽トラに積みっぱなしにしていました。
そしたら、ここ数日の冷え込みで端っこの方が凍って取れなくなりました。

20170126074709.jpg

20170126074716.jpg
コンパネが白くなっているのわかりますか?
ここが凍っている位置です。これより下は水分が多かったのか、スコップでガリガリしても剥がれませんでした。

少しは陽が差して暖かくなるころまで待てばいいんですが、そうなると地面も解けてしまって軽トラが抜け出せなくなってしまうので、朝の寒い地面が凍っているうちにやってしまいます。


20170126092258.jpg

20170126092302.jpg

20170126092309.jpg
チップを入れて広げ、3本鍬で元からあった床と混ぜました。
1日もすると熱が出るところもあります。

ただの木の切りくずなのに、せっせと掘り返しては何かを啄んでいます。
何を食べているんだろう?

雪がさらに

ずっと畑は根雪ですが、もう少し降りました。

気温は毎朝-9℃くらい。
日中もほぼ0℃くらいです。

でも今日は綺麗に晴れあがって、日なたでの作業は汗がでます。
そういう意味では、日差しが強くなってきました。

20170123092228.jpg
ハウスの天幕の雪もすぐ落ちます。

20170123092245.jpg

20170123092241.jpg

積もった雪には野生動物の足跡がついています。
うちの猫の場合もありますが、うちの番犬くらいの大きさもあるので、キツネやタヌキもうろちょろしているみたいです。

雪が解けてさらに寒さで凍るとツルツルになるので要注意です。
ニワトリ達の飲み水を運ぶ作業も大変です。

放牧豚

「もー」が実家に帰省していて、1週間更新なしでしたね。
やろうと思えば記事にできたのですが、さぼっちゃいました。

で、今日は「もー」を途中まで迎えに行くついでに予てから行きたかった場所「ぶぅふぅうぅ農園」さんに行ってきました。

日本では数少ない豚を放牧しているところです。

私自身、まったく豚の知識が無いので、へぇ、ほぅ、はぁ・・・という連続でしたが、良い勉強になりました。


P1214958.jpg
親豚

P1214961.jpg
出産直後と赤ちゃん豚

P1214968.jpg
少し大きくなってきた子豚

写真左の中嶋さんにいろいろとご説明いただきました。
直前でのアポ取りだったにもかかわらず、時間を取っていただいて感謝の気持ちです。

P1214977.jpg
肥育中


ブゥブヒかわいかったです。
目が小さいのがひょうきん顔のトレードマーク?(笑)

お肉を買うのを忘れていたので、また取り寄せしてみようと思います。

ほんやり様

昨夜の7時の時点で-8℃。

今朝の最低気温は-12℃でした。


久々に冷え込むとすごく体に堪えます。

今日は、ほんやり様。
いわゆるどんど焼きです。

20170115093027.jpg
心棒を中心に、いろいろ入れていきます。

20170115103434.jpg
ほぼ完成。
綺麗な形にはしませんが、豪快につくります。


燃やした後の熾火で、お餅を焼いて無病息災の糧にします。
サンマやアジ、イワシなども焼いて食べました。美味しかった~。

今日は風が冷たくてじっとしていると辛かったですが、熾きもあってなんとか過ごせました。

また、今夜もすでに-9℃(20時現在)ですが、明日は何度まで冷えるかなぁ?

今シーズン1番の寒気

寒いですね。
今日から明日か月曜日にかけて今シーズン一番の寒気が入り込むそうで、すでに-7℃です。(19時現在)

今日は息子の保育園の参観日。
初めて保育園の普段の様子を見てきました。

まぁ、うちの子は内気だなぁと思ったくらいです。

そんなこんなで、午前の仕事を最低限にしかしなかったので、午後からはいろいろと働きました。
こう寒いと、飲み水が凍り始めるので、水を何度も運ばなければならないのがつらいところですね。

20170114164033.jpg
日中は雪が舞ったりやんだりでしたが、夕方には晴れてきました。

20170114202635.jpg
もちろん、薪ストーブを頑張って燃やしています。
うーむ、やっぱり冷気の抜け道があるのか、もう少しあったかくなってほしいですね。

また雪

今週末は寒気が入り込むようで、昨日からまた雪がちらちらしています。

20170113085506.jpg
朝の作業中も降ったりやんだり。
まだ細かい粉雪状なので、少し首に入り込むくらいで済んでいます。

20170113093845.jpg
朝の作業の後です。
相変わらず、雪雲に覆われたたまご屋です。

20170113093831.jpg
鶏舎の氷柱がせり出してきたり

20170113085459.jpg
番犬おかきもこんな様子。


そして今日は阿智方面の出荷でした。
標高の低いところでは、除雪ができていれば雪はほぼ解けているのですが、標高の高いところは除雪してもまた積もったりして、通行も大変です。

20170113162355.jpg

20170113162416.jpg
配達に行った標高の高いところでは、ガチガチに凍った路面にサラサラの雪が積もっていたりしてツルツルに近く、上りにくいところもありました。
(配達先から、無理してこなくていいよと言われていたのですが、行けそうなので行ってきました。)

さて、週末にはプライベートながらイベントが控えているので、あんまり降らないでほしいなぁ・・・(なんて勝手ですね。。。)

寒いながら

寒い日が続いていますが、ニワトリ達は元気です。


床の調子も悪くなく、一部では湯気が上がるくらい発酵しています。
場所によっては糸状菌のようなにおい。別の場所ではアンモニア臭が強い堆肥の匂いと、菌叢が違うようです。



朝一番で与える米ぬか餌。
ミキサーで混ぜていますが、完全に均一になるわけではないので、好みの餌(鰹節や醤油粕、米、麦など)を探して右往左往する子もいます。


そして、今の時期与えている草のサイレージ。
これも、茎っぽいところを選択して食べている子もいれば、葉っぱを探して食べている子もいます。

寒いながら、元気に餌を食べ、美味しい卵を産んでくれています。

おかき6歳

そうそう、すっかり忘れていましたが、我が家の番犬1号「おかき」は1月2日生まれ。

2011年1月なので、今年2017年で6歳になりました。

20170111100031.jpg

201701111000281.jpg

20170111100021.jpg

20170111100024.jpg

20170111100007.jpg

もう若くはなくなって落ち着いてはきましたが、まだまだはしゃぐときははしゃぎます。

ちゃんと番犬はしてくれていて、今回の積雪でも鶏舎屋根の雪が解けて落ちるときに、ニワトリ達はびっくりして騒ぎ立てるのですが、その騒ぐ声に反応してちゃんと現場に駆けつけてくれます。

この6年弱、野生動物の被害にあってないのはこの子のおかげです。

ありがとうね、おかき!!

屠畜ワークショップ鶏と麦の宴2017②

今日は、ワークショップ2日目。

除雪が無い分、落ち着いて準備に入れます。
ニワトリ達への餌やりや床の管理もゆっくりニワトリ達の様子を見ながら行えます。

そしてワークショップ開催。

20170110100823.jpg
15894253_1394904283887702_7442466853487519657_n.jpg
今日は下界は霧のようですが、ここは綺麗な雲海が望めました。

各自、ニワトリを捕まえてもらいます。

15895010_1394904327221031_8559524615752074725_n.jpg
その前に、いろいろと卵やニワトリの説明、その他いろいろなお話も。

ひたすら話ましたが、少し話足りないくらいでしょうか。
でも、私も、鈴木シェフも、参加いただいた方も有意義な時間を過ごせたと思います。


印象的だったのは、ある参加者のこの言葉。

参加するまえに想像していた、「首を切って血が出て」っていうのはすごく残酷で、自分でできるか心配だった。
でも、ニワトリを捕まえて、血抜きして、最終的にお肉になるところまで見たら、残酷とかかわいそうという気持ちはほとんど無く、すっと腑に落ちた。
不思議な感じだった。


「ニワトリの屠畜」なんて残酷に思われるかもしれません。
しかし、「鶏と麦の宴」はただただ、ニワトリを屠殺して「命って大事だね」「食べ物大事にしようね」「食を~」とか、こういう単純な話ではなく、もっと深いところへ踏み込んでいただけると思います。
2月も開催いたします。

是非お早めにお申し込みください。

屠畜ワークショップ鶏と麦の宴2017①

今日は今シーズン初の屠畜ワークショップでした。
とりあえず、感想は「疲れた」の一言です。

昨日のお昼過ぎから降った雪は夕方が強い降り方でしたが降り続き、今朝の2時ごろまで降った様です。
積雪量は40cm弱。
一気に降りすぎです。

しかも今日はこれからワークショップ。
いつもなら、ワークショップ開始前に急いでニワトリの作業を終わらすのですが、今日はこれに加えて除雪まで入ってきます。

とりあえず、昨日の夜試運転した時に、雪は白く反射してくれるのでLEDのヘッドライトを照らせば十分作業できる!!とわかったので、朝の暗いうちから除雪作業開始。

20170109070758.jpg

まずは、ニワトリの世話するためにも必要なので、鶏舎までの通路や鶏舎まわり、餌撹拌機ハウスまでリヤカーが通れるように除雪していきます。
これで1時間ほど。



続いてニワトリの餌やりやたまご取りです。
これも朝と午前中にやる2回の餌やり作業などを一気にやってしまうので、1.5時間くらい。

そして、今度は、集落内の集会所の駐車場の除雪です。
たまご屋は車を止める場所が無いので、集落の駐車スペースをお借りして止めさせてもらう予定だったのですが、もちろん40cm弱の雪で埋もれています。
ここを、これまた去年導入された集落の除雪機をお借りして除雪していきます。
うちにある小さいのと違って、除雪幅も投雪距離も桁違いですが、いろいろ機能が多くてちょっと凸凹の駐車スペースを除雪するのは大変でした。
これも1時間ほど。

そうしているうちに9時。
雪で遅れちゃうかもと、早めに到着された参加者の方がちらちら到着する中、一度家に帰って、会場の準備などをチェックします。

と参加予定者のかたから、場所がわからない。や車がスタック(タイヤが滑って登れない)しちゃって行けないなどの連絡が入り始め、現場へ急行。わかりやすい道が結構な急坂ということもあって、スタックしているので、回り道してまだ通りやすい道を先導して駐車場に案内したりと、10時の開始時間過ぎまでバタバタと動いていました。

気持ちとしては、もうそこで今日の仕事が終わったなぁ(笑)という感じ。。。

やっとスタートラインなんですけどね。。。

冗談はさておき、そのあとは順調にワークショップが進み、無事終わりました。

約1年ぶりであれこれ説明し忘れたり、つたない表現になってしまったりと反省するところは多々ありますが、ご参加いただいた方々にはいろんなことを感じ取れていただけたようです。

明日は急ですが、まだ2月にも空きがあるようなので、ご予定を調節してぜひご参加ください。
詳細はこちらです。
申し込みお待ちしております。

FC2Ad