長野県下條村親田高原で放し飼い養鶏やってます。日々の出来事、思ったことをつらつらと。。。

朝から晩まで

今日は早朝から火災で消防団出動でした。

その時間、なんと5時過ぎ。

あぁ、5時だ~起きなきゃな~と布団でぬくぬく(朝の外気温は5℃くらい)していたら、有線放送がなるときの気配が。
あれ、こんな時間に?ひょっとして火災?いやいや、地震か?それともミサイル?なんて一瞬でいろいろ考えていると、火災の知らせでした。

飛び起きて着替えて一気に出動です。
外は小雨で、時折強く降るような天気でした。

現場に到着した時には結構な炎の勢いでした。

3時間半くらいでなんとか鎮火して、解散・帰宅。
いつもより2時間遅れでニワトリ作業を行い、9時半ごろにようやく朝食です。

20180509085843.jpg
雨で体が冷えてしまったので汁物が染み渡ります。

午後からはヒヨコの世話です。

少し前にヒヨコの場所を大きくしましたが、やっぱり狭くなってきたので、もっと大きくするために、場所を作ってやりました。
ワイヤーメッシュとイボ竹で大きく柵を作ってやって、マイカー線で固定しました。

まだまだやることが残っているので引越しは無し。
近いうちに早く進めようと思います。

で、夜はたまごの出荷調整作業です。
なかなか大変ですが、頑張ります。

保温シート

今日から日中の保温シートを取ることにしました。

なんの事かって?



20180508152226.jpg
こいつです。


本当はもっと早くに取りたかったのですが、育苗箱の中でも出芽ムラがあって、小さいものもあったので取らないで我慢してました。
出芽ムラの原因はわかっているので、来年はしっかりと育苗できるようにしようと思います。

今月末の田植えに間に合うようにしっかりと育てていきたいのですが、少し問題が。

プール育苗で、しっかりと水を入れて育苗したいのですが、なんとどこかに穴が開いているようで、水を入れても次の日には無くなってしまいます。。。

困りました。

もう少しして、苗が落ち着いてきたら、穴を探してみようと思います。

しかし、困ったなぁ。。。




番外編

家の裏でキノコが生えていました。

20180508142318.jpg
これです。

わかりますか?アミガサダケです。
(たぶんトガリアミガサダケだそうです。)

和名だとピンとこないかもしれませんが、モリーユ茸っていえばわかる方もいらっしゃるのではないでしょうか?
あの高級食材のモリーユでございます。

なぜこんなところで生えてきたのかは謎で、発見が遅かったのでもう食べませんでしたが、出たてなら今度は食べようと思います。

掃除刈り

今年は草の伸びが早く、一帯にイタドリが生えてきたので、掃除刈りです。
子牛が来る間際だと、イネ科牧草も刈ってしまうかもなので、早めに行いました。

20180508121643.jpg
before

20180508123959.jpg
after

20180508124100.jpg
こいつ。イタドリ君。

あまり栄養が無いので、ひょろひょろです。


今月末か来月頭にまた子牛がやってきます。
楽しみです。。。
今年はしっかりと育てられるように頑張ります。

そばの発芽

今日は一日中雨でした。
外作業は最低限で済ませて、溜まっている事務作業をこなしました。



朝は、連休明けで、子供たちを荷物と一緒に保育園に送り届けてきました。


その帰り、ソバ畑の様子を見に寄り道。


先日播種したソバが発芽してきました。
が、場所によっては発芽が悪いところもあり、どうなるでしょうか。

20180507091014.jpg

20180507091012.jpg

20180507091022.jpg
一番発芽が悪い1枚です。

どうしても粘土質で、少し雨が降るとしばらく湿気ているという場所。
種が死んじゃったか、奥深くなので発芽が遅いのか。。。

でも、写真で見えるように水がついちゃっているところは種が死んでいる可能性が高いです。

この辺りは来年以降の土壌改良(有機質の大量投与)が課題ですね。

小麦の出穂

今日は、昨日の作業も残っているので、後片付け的な作業が多く、ボチボチ進めました。

今日は雨の予報でしたが、夕方からの雨の予報に変わったので、午前中にたっぷりと草を刈って与えておきました。

20180506100600.jpg
好きな草を啄んでいます。

最近、卵が草の香りいっぱいです。
あぁ春のタマゴだなぁと思います。


そして、今年は春が早かったですが、それに伴っていろいろなものの熟が早いです。

今日、畑を見回っていたら小麦が出穂していました。

20180506160932.jpg
これはうどん用のユメセイキ

20180506160914.jpg
こちらは薄力粉用のゆきはるか

今年は冬の間の追肥もしっかりとできて、中耕除草は1回だけですが手取り除草も少しして、やっかりな春草に負けないでしっかりと収穫できそうです。

楽しみですね~

半休

20180505044533.jpg
今日は子供の日

午前中で頑張って仕事を終わらせて、お昼前からお出かけです。

20180505121720.jpg
こどもの日恒例のミニSL

少し離れたところの公園の広場でJR東海ファンクラブ(JR東海公認らしいです)の方が、有志で走らせてくれています。

P5057212.jpg
ミニSL(木炭で走る)

P5057275.jpg
DD13のガワのモーターカー

そして昼食は同地域のココロファームへ。
ココロカフェでいただきます。

20180505140526.jpg
食事の写真を撮り忘れ。
美味しかったです。


帰って来て、夕方のニワトリ作業です。
朝晩の作業があるのは仕方ないですね。

それが終われば今度はプラレール大会。
ちょうど知り合いから譲ってもらった駅やらなんやら車両や線路もいろいろ新しいものが増え大喜び。


20180505204020.jpg
夕食は太巻きを作りました。

P5057297.jpg
そしてデザートは粽(ちまき)です。
笹の葉はありましたが、イグサが無く、ワラで代用です。


一日、子供たちと遊んでやれました。
さて、明日からもガンパります。

田んぼの草刈り

午前中はニワトリの作業を済ませて少し外出。
隣村の平和祈念館に行ってきました。
その帰りに牛の餌やりバイトです。今月末に新しい子牛が来る予定なので、楽しみになりました。



午後は田んぼの畔草刈り。

今年は暖かいので草がぐっと伸びています。

今年初めてのしっかりとした草刈り機の作業だったので、結構体と手(振動が結構きます。)にきました。

あと少しのところで時間切れ。
ニワトリの世話のため退散です。

残念!!



刈る前にカエルの鳴き声がきれいだったので撮影。
指さしているあたりで鳴いていました。クワァックワァッやゲロゲロというのも悪くないですが、シュレーゲルアオガエルのこのケロロロ、ケロロロが一番好きだなぁと思いました。

20180504095437.jpg
草をわらカッターで短く切ってからニワトリ達の部屋に投入します。

20180504082109.jpg
草を食べるので黄身の黄色が濃くなりました。
そして、風味が少し変わってきました。春の味を感じてください。

ヒヨコの部屋を大きく

いつもなら3週間くらいで育雛部屋を大きくするのですが、今年はいろいろあってまだ初めの段階と同じ広さでした。
肉用のヒヨコ達も入って密度は1.2倍になっているのに狭い狭い。

ようやく、今日少し広くしてやりました。
あまり狭すぎると蒸れるので病気になりやすいのですが、今のところ一羽も脱落することなく頑張ってくれています。
遅くなってごめん。。。

今回こそ、頑張って脱落組を出さないように管理していこうと思います。

20180503162323.jpg
ガンバレ、ぴよ!!

田起こし

季節は例年より早く巡っていますが、例年より遅い田起こしです。

というのも、トラクターの足回りからオイル漏れがあったので、なるべく本格稼働する前に修理したほうが良いなぁ。。。ということで田起こしで来ていませんでした。
が、ちょこちょこ作業時間を取って3日かかって昨日なんとか修理できたので、今日オイルを補給して動かすことができました。

今日はお昼から雨予報でしたが、朝に「午後3時から雨」の予報に変わったので、ちょっと時間ができたので田起こしに行ってきました。
20180502125859.jpg

半分くらいのところで霧雨が降り始め、そのあと小雨が降ってきましたが、雨のあとはやりにくいので、今やっちゃえ~と4枚の田んぼを起こしてきました。

さてさて、苗の様子がちょっと微妙ですが、今月末に田植えを目標に頑張ります。

20180502133744.jpg
小雨の中、完了

トラクター修理(クボタB1500 オイルシール交換)

もうそろそろ田んぼの準備を進める時期なのですが、今年はまだできていません。
というのも、トラクターで少し気になる症状があって、あまり使うと壊れたら困るなぁと思っているからです。

その症状というのが、前輪のタイヤがついている部分のどこかからオイル漏れがあること。
じわじわタイヤをつたって落ちてきているので、あまりいい状態ではありません。
ちょうど、前回牧草モアの部品を注文した時についでに、と思って注文してあったので、あとは作業時間の問題でした。
ちょうど一昨日から昨日、今日とちょこちょこ作業してなんとかひと段落したので備忘録に書いておきます。

今回修理するのはクボタのB1500という古いものです。多分昭和55~60年くらいまでのモデルでしょう。
とりあえず、こんなことをブログに記載する人なんていないと思うので、だれかの情報源になればと写真とコメントで適当に書いておきます。


まずはジャッキアップして、ジャッキだと万が一の時にこけたりして危ないのでウマをはめておきます。

20180429145131.jpg
今回分解する足回り(前輪)
JAの農機センターで分解図(パーツリストの図)を貰えたのが幸いしました。

タイヤを外して、その面にある8本のボルトを外してパカっとベベルギアのはまっているフタ部分を取ります。
これが外れなくて、微妙に合わせ面がずれているので、そのずれにマイナスドライバーやタガネのようなものを当ててハンマーでたたいて外します。
紙状のガスケットがぴったりとあるのと、ベアリングと軸がはまっているのでスッとは出てきません。八角形のカバーなのでちょっとずつはずしてやります。

20180429153452.jpg
外した部分から今度はギアプーラーでベベルギアを外します。

2018042915318.jpg
ベベルギアの奥に固定具(バーツリストでは「止めカラー」)が2つに割れて入っていて、これで軸が抜けないようになっているので取り外します。

20180501113102.jpg
そして今度はベアリングから軸を抜くためにギアプーラーで軸を押して(ガワを引っ張って)やります。

軸とベアリングは結構硬いですが、ベアリングと外のガワはスッと取れるので、取れればようやく今回の交換するオイルシールの一つにアクセスできます。
ここは錆びたり、軸が傷んでいましたが、さっくり交換しました。
新しいオイルシールを入れる前に錆などをしっかり落としておきます。

車輪につながる横軸のシール交換が終われば次は縦軸に映ります。

20180429170757.jpg
縦軸の下側にあるベアリングを取るために下側にある蓋部分を取り外します。
こんなガスケットのようなものがはまっていました。(ここは途中にOリングがあるのでしっかりと面でふさぐ必要は無いようです。)

下側のベベルギアの奥にあるベアリングには泥が大量に溜まっていました。
灯油にドブンと浸けてよく洗っておきました。

20180430160855.jpg
そして下側からギアプーラーでガワを引っこ抜いてやります。
こちらの奥側(写真縦軸の上側)もベアリングがはまっているので簡単には抜けません。

20180430161022.jpg
抜けたところ。

なんとオイルシールが上下逆向けにはまっていました。
あれ?逆だよな?と思ったのですが、いやいやちょっとまてよ。もともとこの向きではまっていたのだからこの向きが正しいんじゃないのか?とか考えたのですが、結局農機センターにもっていって聞いてきました。
こういう時聞けるのはありがたいですね。

20180430174819.jpg
新しいシールを正しい方向ではめて完了です。
ちなみにこの下にベアリングがありますが、侵入してきた泥でめっちゃ汚かったです。
少しガタも出始めていたので、今度分解するときは(したくないけど)注文して交換です。

20180430161627.jpg
ちなみに残っているこちら側にも上下逆の構造でシールがはまっています。
逆向けなので、逆さ向きに作業しなければならないので少し難儀します。
この途中にカラーがあるのですが、これも摩耗していました。
今回は時間の都合上できませんでしたが、これは交換するべき部品でした。。。大丈夫かな?

片輪3つのオイルシールを交換すればとりあえず完了です。
作業としては折り返し地点。分解した方法と逆の手順で組み立てて行きます。

20180501152820.jpg
交換した軸の下側をはめています。
反対側は手でなんとかはまったのですが、こちらは全然入らず。
ジャッキで押してみたのですが車体が持ち上がる始末。木を当ててハンマーで打ち込みました。


あとは縦軸の下側のベアリングとベベルギアの部分をはめて、車輪につながる横軸のベベルギアのと軸を蓋部分ごと取り付ければ完了です。

20180501160706.jpg
片側はきれいにガスケットを傷つけずにはがせたのですが、もう片方は破いてしまったので、こちらを使いました。
初めての使用です。うまくいきますように。

ガスケットの乾燥をまってオイルを入れて完成です。
なんとか明日の雨の前に終わってよかったです。
明日、雨の前にオイルを入れて雨の当たらない場所に移動させてやろうと思います。


追記
一応分解図を載せておきます。
20180504223046.jpg


詳しく見たい方(いないと思いますが)はコメント等からご連絡ください。

そばの種まき

今日は共同でやっているソバ畑の種まきです。

たねまきは今回で3回目

2.4haもあると手で蒔くと大変なので、ブロードキャスターという機械で蒔きます。
が、微妙な調整で密度が変わってくるので、種まき中に少し変わってしまったりして大変です。

20180428102241.jpg


20180428112739.jpg
良い感じです。
種と種の間が5cmくらいがいいらしいです。

20180428161526.jpg
最後に軽くロータリーをかけて完成。


去年の夏そばは次の日が雨で雑草に負けてしまいましたが、去年の反省を生かして今年は播種後に数日雨が無い日を選んで蒔きました。
今年はうまくいくと良いのですが。。。

軽トラ修理

最近修理ばっかりですね。

今日は車のほうです。

ここ1年くらい軽トラのベルト鳴きがありました。
特に湿度の高い日(夜露が降りている夜や雨の日)に発生していたのですが、ここ1週間くらいは毎回でした。

そして、しばらくすると鳴き止むのですが、その時焦げた匂いが。
うーん、やばいなぁと思っていたのですが、一昨日の夜に出かけたその帰りまた鳴ってると思ってたら、音が止んであ、いつも通り滑らなくなった、と思った瞬間、メーターの充電不良ランプが点灯。

あ、ベルトが逝った。。。

そこから家までは2キロほど。
なんとかなるかな?と思って帰っていたのですが、夜ということもありライト点灯。
これが意外にバッテリーを食うらしく、家の500m手前くらいで電圧が低下しているからだと思うのですが、ETCがリセットかかったり、スピードメーターが0と40(現在の速度)をいったりきたり。

やっべーと思いながらライトを消したりつけたり。
なんとか帰宅できました。

そしてすぐ部品注文。

ネットの世界と物流のネットワークは本当にありがたいです。

今日届いたので早速交換です。

20180427160815.jpg

20180427162918.jpg
切れてなくなっていました。


20180428082204.jpg
ちょっと手が入りにくくて、メガネレンチも届きにくいところもあったのですが、30分ほどで交換完了。

なにより、このベルトにアクセスするためにもう1本ベルトを外さなければならないのが大変でした。(多分クーラーコンプレッサー?)

ベルトの張りが強すぎると一緒につながっているウォーターポンプも壊れるらしいので適度に張ってやります。
まぁ緩めに張って、また鳴くようならだんだん強くしていこうと思います。


20180427124213.jpg
リンゴの花が咲いてきました。
蜂さんもせっせと花粉と蜜を集めています。
今年は生るかな?

トンネル仕立て


20180426170617.jpg

20180426170622.jpg

播種した稲ですが、ようやく出芽してきたのでべた掛けからトンネルに仕立てました。


20180426174808.jpg
支柱をたてて


20180426180203.jpg
保温用シートをかけて完成。


20180426182021.jpg
最近、本当に青草が大好きで、与えても与えても欲しがります。
特に今は少ないイネ科が好みでしょうか?息子がこぼれた小麦の芽を与えると競争して食べています。
発芽玄米的な麦芽はアミノ酸とかまた違った栄養があるのでしょうか?




20180426200453.jpg
今日はバウム焼肉でした。
今回は肩ロース。

なんせ15部位もあるので、食べ比べるだけでも大変です。
しかしながら自分で商品価値を考えるうえで食味は大事なので、しっかりと味わおうと思います。

エンジン修理

牧草モアについていた焼き付いたエンジン。

コンロッドとピストンがダメだったので中古部品を購入しました。
送料と合わせて4.5kくらいでした。

ばらした記事はこちらこちら

部品が届いた記事はこちら



で、もうばらしてあるので組み立てるだけです。
と思っていたら、意外にもピストンリングをしっかりシリンダーにはめるのに苦労しました。

ピストンリングを入れる工具もあるようですが、ウチではもうやらない(やりたくない)ので必要ありません。。。


20180425163409.jpg
なんとか四苦八苦しながらはめることができました。

向きを確認して、2本のボルトで止めていきます。

20180425163406.jpg

20180425163552.jpg
ボルトとコンロッドの間に1枚、板が入っていて、これを折り曲げでボルトが緩まないようにしておきます。
これ、今回買った中古には付属していたのですが、元からあったものにはついていませんでした。

以前ばらしたイセキの管理機(川崎エンジン)にも付いていたので、付いてないほうがおかしいのですが。。。なぜでしょう?

しっかり折り曲げれば完成です。

腰下と上側の蓋をしっかりとして、組み立てて、オイルを入れれば完成。

何度かリコイルを引いてオイルをなじませてからエンジンをかけてみました。
無事、エンジンがかかることを確認。
ただ、リコイルの引っ掛かりが悪いので、調整しないとです。

これで牧草モアに取り付けれれば本来の性能が発揮できるでしょう。


よくやるわ、自分。。。

今日は水道設備屋さん

今住んでいる家の洗面台が壊れました。

以前リフォームした時に壁紙などを張り替えたようなのですが洗面台はそのままだったようで、シリコンシーラントのシーリングが甘く水が洗面台から壁側に漏れたりしていたようで、そこから腐っていたようです。

ある日、グチャっという音と共に、洗面台が手前に倒れてきました。

今日は雨で外作業はできません。

というわけで、洗面台と水栓を自分で注文。
この冬に凍結防止の電熱線を巻いていたにも関わらず凍結して水道管が破裂して止めてあった温水側も復活させます。



20180424225401.jpg
交換しました。

20180424180715.jpg

村長・村議との意見交換会

今日は保育園の遠足でした。
今年から真ん中の子も保育園に入所したので、親2人居ないと管理しきれんかも、ということで「もー」と二人で参加してきました。
(もちろん第3子も連れてなので、家族みんなで参加です。)

大変でした。。。


で、帰って来てからニワトリの作業を済ませて、今度は村長・村議との意見交換会です。
先月にも行ったのですが、今回で2回目。
前回はUターンの就農(跡継ぎ)について意見を出させていただいたのですが、今回は今後空いてくる農地について意見を言わせていただきました。

具体的には

・現在遊休荒廃農地にはソバを推奨しているが、その面積は約30haもある
・しかし、その作付けを行っているメンバーのほとんどが70歳台に近い
・あと5年、10年するとその農地が空いてくる
・そのことについて村としてはどう考えているのか?
・自分が考える対策としては「土地利用型畜産」を進めること
・具体的には、放牧での利用や飼料として牧草・その他を栽培することを行う。
・メリットとしては
 ①動物は自分で動いて餌(=生えている草)を食べるので、基本的に飼育の労力がいらない
 ②出口に何を求めるかで変わるが、輸入がほぼ90%を占めるなかで自給飼料100%に近い状態で飼育できるので生産物に付加価値がつけられる
・難点として考えられる糞尿による汚水や悪臭は飼育密度をしっかりと取れば問題が無いことがわかっている
・飼育密度は牛で1~2頭/ha(豚は10頭/a)

ということを挙げさせていただきました。

また、去年の実績と言ってもたった1頭だけですが、この飼育状況や肉質の評価など、第3者に評価してもらった結果も簡単に試験中ということを前提になりますが、説明させていただきました。


まぁ、そうは言ってもまだまだ半信半疑で行政として進めていくことを決めるためには課題はたくさんあるとは思うのですが、そういう方法もあるんだなぁと思ってもらえたらなぁと思っています。


しっかり放牧しようとすると面積が必要なので、良い感じに使えると思うんだけどなぁ。。。
小さい面積のところは牧草地とか穀物用で、家畜用だからそこまで品質こだわらなくて良いし。。。

体調不良

火曜日からウチを襲っている病魔。

どうやら感染性胃腸炎のようなのですが、子供たちと相方の「もー」の体調を上から下からと襲っています。
子供たちは1日で復活しているのですが、「もー」はちょっと回復が遅れ気味。もう若くないですね。

で、昨日、その病魔が私にもやってきました。

なんか午前中から気持ち悪くなってきて、でも特に腹痛もなく、下すこともなくだったので、少しコンフリーを掘り起こしたり、薪用に梨の木を玉切りしたりとしていました。途中、気持ち悪くなったら横になって休んでと、なんとか休み休みやっていました。

が、夕方5時ごろ、休んでいたら一気に来ました。

トイレでモドシて5分ほどで回復。

ようやく出してすっきりしましたが、やっぱり嫌悪感。

夕方の作業はなんとかこなし、早くやすみました。



で、今日は午前中ちょっとだるかったのですが、「もー」が回復しなかったので、午後から出荷に行ってきました。
そのころにはすっかり回復していたので、なんとか回復してよかったです。

なかなか毎日作業があるので、体調管理には気を付けようと思います。

息子とそば畑へ

今日はソバ畑のロータリー作業です。

晴れが続いているうちに草の残っているところをもう一度耕してやって、草を少しでも少なくするためです。

で、今日はちょっと「もー」が体調不良だったので保育園に行ってない第3子と一緒に作業です。

作業と言っても、トラクターに乗っていて足と手で操作するだけなのでおんぶしながらの運転です。

20180420120851.jpg

20180420120904.jpg
目に見える草が消えて、いい感じです。
雨の前に少し乾いてくれると良いのですが・・・

籾蒔き

今日は籾蒔きをしました。

本当はもう少し早くやるべきだったのですが、なかなか時間が取れず。
浸漬していた種もみの温度も高下していて積算温度100℃がきっちり計算できていなかったのですこし長めに浸漬しました。

で、2日前に催芽処理をしました。

20180417220422.jpg
今年は湯船温35℃、籾水温31℃でスタートです。
良い容器が無かったので背が高い容器になり、少し湯船の蓋を押し上げてしまいました。

いつもなら12~18時間くらいでハト胸状態まで行くのですが、処理をしたのが夜遅くなってしまったのと、蓋が空いていて少し冷めやすかったからか、それとも浸漬がうまくいかなかったのか、18時間たってもハト胸状態になったのは1割ほど。
とりあえず昨日は温度を下げて保管し、今日もあさから少し温度をかけて催芽処理を続けました。

で、まぁそれなりに膨らんできたので、籾蒔きしました。

20180419142348.jpg
育苗箱に土を入れます。

20180419142344.jpg
で、水をたっぷり撒いて湿らせて

20180419142358.jpg
みくに式播種機で種まき

20180419145845.jpg
今回は200g/枚くらいで蒔きました。

そして覆土をして完成。
これをプールに並べて保温シートをべた掛けして完成。
出芽を待ちます。

上手く出ますように。。。


20180420171830.jpg






今日のヒヨコ達

20180419074054.jpg
先日来た肉用のヒヨコ達も羽がにょきにょきしてきました。
この品種は茶+黒のタイプです。(卵用のあずさは茶+白)
右上の子と左下の子の翼が少し黒が混じっているのわかるでしょうか?

パイプハウス張替え②

先日張り替えたパイプハウス鶏舎の天幕フィルム。
この変えた古いほうを機械小屋として使っているパイプハウスと、新しく建てた牛用の機械小屋のパイプハウスにかぶせることにしました。

ビニペットで固定していたところがすこし破れたりしていますが、ここはゴミも多く放置。
ですが、他の天頂部分で破れたりしているところや穴が開いてしまったところは補修テープで修理しておきました。

機械小屋は5m、牛用機械小屋は3mで、それぞれ余分に1mずつ取れば10mとなり、もともとのパイプハウス鶏舎の長さ10mになるのでちょうどいい!!と、4mと6mで切断しました。

で、長さの短い牛用機械小屋はちゃっちゃと終わらせて次は機械小屋

20180418170348.jpg
ボロボロです。
(右奥に移っているのが牛用の機械小屋です)

下條に越してきてすぐに建てたのですが、ありあわせのフィルムだったのと、風で飛ぶのが怖かったのでらせん杭とマイカー線で止めたのが災いしてフィルムが傷んでしまって、風や雪にやられてこうなりました。
1年前から徐々に破れていたのですが、この冬で一気に進行しました。

とりあえずはがしていき、巻き付いているツル類を引きはがします。
マイカー線を張っていたり機械類があると頻繁な除草もできずツルは伸び放題でした。

20180418173510.jpg
片側からフィルムを伸ばしていきます。

20180418175511.jpg
パッカー(ハマカセット?)で固定していきます。

20180418175501.jpg
暗くなりましたが、今までの透明フィルムよりは草もおさえられるし、機械の傷みも少ないでしょう。



20180418132533.jpg
今日のヒヨコ達
早い子は尾っぽがすこし伸び始めました。


そうそう、パカっと開けて修理していた機械の部品(中古)を某オークションで購入したのが届きました。
暇をみて修理していこうと思います。
20180418132331.jpg

20180418132346.jpg
左が来たもの、右が焼き付いたもの。
右の焼き付いたの、ほんとひどいですね。。。

ハウス鶏舎の天幕張替え張り

パイプハウスを改造した鶏舎。

使い始めて7年が経過しました。
天幕屋根材としてタフシェードG&Wを使っていますが、少し破れたりしてきました。

通常の耐用年数は10年くらいなのですが、一度移築していることもあってその時の傷が出来たりしていて少しぼろでした。
それと合わせて先日作った新しい機械置き場となるハウスの天幕が無いのと、今機械を置いているハウスの屋根が度重なる強風と雪で破れていて、これに今のパイプハウス鶏舎の天幕フィルムを流用すれば一石二鳥!!ということで少し耐用年数には早いのですが天幕フィルムを注文しました。

でようやく昨日届き、ちょうど夕方風がほぼ無かったのでとりあえず古いのを外して新しいのを張り、仮止め。

天幕フィルムを広げるのは風が無い朝晩のうちに行うのが良いのですが、フィルムをきちっと張るのは少し陽が出てフィルムがあったまったほうがピンと張れます。
冬にピンと張ったハウスは夏ビロビロになりますし、夏張ったハウスは冬切れそうになってくるので怖く、ちょうど今の季節から初夏に張ればいいのかなぁと思っています。
で、昨日はもう日暮れだったので仮止めで終了。

20180416174839.jpg
まだゆったりです。
強風の予報でもないので簡単に仮止めして終了。

そして今日、ニワトリの午前の作業が終わった頃ちょうどお日様が顔を出して薄曇りになりフィルムが温まりだしたので本格的に張り始めました。

20180417112426.jpg
妻面を引っ張りながらパッカー(ハマカセット)と呼ばれる固定具で固定していきます。

20180417152846.jpg
そのあと、アーチの方の部分のビニペットにバネで固定していきます。

きれいにピンと張れて良かったです。


京都からやってきたレッドブロは元気です。
来た日(生後3日目)はあずさにぶつかれたりしたらよろけてましたが、今ではなんのその。

20180417071824.jpg
一生懸命、餌を啄んだり

20180417114918.jpg
保温室でぬくぬくと温まってウトウトしたり

元気そうです。

育苗プールづくり

本格的に育苗準備です。

暖かかったり寒かったりで少し水温が低めだったので、長めに浸漬中の種もみ。
とりあえず、15日くらい浸けてみるつもりです。

今週中には籾蒔きをしたいので、その準備作業。

育苗プールづくりです。

20180416120153.jpg
いつもはもみ殻を敷いて水平をつくりますが、今回は鶏舎の床に使っているチップです。

適当に平らにしてから水平器を使ってある程度の水平をだします。

20180416131056.jpg
そしてプール用シートを張って完成です。

20180416131114.jpg
それなりに水平が出ています。

が、水を入れてみるとやっぱり凸凹しています。
でもその差が2cmくらいだったのでまぁまぁというところでしょう。




20180416075037.jpg
畑の小麦が大きくなってきました。
これはうどん用のユメセイキですが、ゆきはるかとキタノカオリのほうが少し生育が悪いです。
ゆきはるかは少し鶏舎の床を施肥しましたが、明日キタノカオリの方も施用しようと思います。

20180416075021.jpg
アーモンドももう散り始めています。

ハバードレッドブロ

今年は一昨年に少し試してみた肉用のヒヨコをまた飼育してみようと思います。

一昨年は丹波黒どりでしたが、今回はロードアイランドレッド鶏のハバード社のレッドブロです。
実家のある京都から持ってきてもらい、今日入雛です。

今はほとんど違いが判らない(生育の差で翼の有無はわかる)んですが、生育していくにつれて卵用のあずさは「茶+白」に対して今回のは「茶+黒」になるので、明確に違ってくると思います。

しっかり大きくなって美味しいお肉になってもらおうと思います。

今年のヒヨコはこれで総勢140羽くらい
頑張ります。

20180415112532.jpg
レッドブロは映っていませんが、1週間の差は大きいようで、餌をあげると新入りはぶつかってよろけています。
やっぱりまだまだ弱い個体なのでしっかり育てていこうと思います。


20180415113228.jpg
こちらはあずさ。
大きくなりました。

名称変更しました。

下條村の親田地区に引越しして早や5年。
今まで元の地名である「青見平」を使ってきましたが、5年という歳月を一区切りと考え、気持ちを新たに名称変更をすることになりました。

名称は「親田高原のたまご屋さん」です。
当たまご屋のオーソドックスな「地名」のたまご屋さんという命名方式ですが、この地で末永くやっていくつもりです。

もちろんやっていることや卵の味などに変化はありません。
「美味しい」「味がしっかりしている」と皆様に卵の味を楽しんでいただけるように精進してまいります。
今後ともよろしくお願いいたします。


091820.jpg

やっぱり一番はたまごかけご飯です。

ヒヨコ6日目

ヒヨコが来て6日目。
にょきにょきと翼が生えてきています。

20180412081353.jpg

まだまだピヨピヨとかわいいです。
餌に米ぬか発酵のものに加えておからサイレージも与え始めました。

もう少ししたら草も少しずつ与えようと思います。





先日からバラシているヤンマーGE70Nというエンジン。
コンロッドが焼き付いて溶けていましたが、ピストンとシリンダは?と上を開けてみました。

20180412151728.jpg

20180412151720.jpg
やっぱりかぁ。

まぁオイルが無くなったらこうなるよね。
部品注文するか、中古で探すか、捨てちゃうか。

新品の部品注文にしても古いし、きっと高いし、中古で部品を移植できるのを探そうと思います。
あればいいなぁ。。。

ひこばえ集め

放牧地の切り株からひこばえがにょきにょきしています。

これを切り株ごと地面すれすれでチェーンソーで切っていました。
それがほったらかしになっていたので、回収です。

このひこばえがトゲトゲで痛い痛い。

もともと切り株で残していたのは切り株(の根っこ)の隙間を耕運機で起こすつもりだったのですが、それができず一部は去年に地際で切っていたのですがほとんど残ったままでした。

これからひこばえが出てしまって、細いものがたくさん出たのと、細いので皮手袋を通り抜けてきて地味に攻撃力があるという厄介なものでした。

20180411104538.jpg

そして雨だったのですぐ焚火。

合計3回山盛りに積んで運んで燃やしました。

ほとんど細枝ばっかりだったので半日ほどで燃やし終わり。
そのあとゆっくり熾きになって燃えているのを見ていました。

これでほぼ放牧地がきれいになったのでロータリーモアなどでの掃除刈りがやりやすくなります。
薪に使えそうな木がたくさん山積みになっていますが、また来年でしょうか。それまで残っているかなぁ・・・

麦の中耕

今日はきれいに晴れ上がり、良い天気でした。
そんななか、小麦の手取り除草と、管理機の中耕除草をしました。

20180410095936.jpg
青空と少し霞んだ南アルプス

手前に映っているところは条間が狭くて機械除草ができないので三角ホーで地面を削ったり、手で株元にあるものを引っこ抜いたり。

20180410095920.jpg
こちらは機械除草できる方。
少し手で取っていましたが、機械投入です。

20180410174556.jpg
斜面を登ったり、降りたりの繰り返しで機械をかけていきます。



途中、なんかガタガタというか、変な金属音がするので、止めてみてみたら

20180410180737.jpg
ローターの連結部のピンが抜けかけていました。
本当は抜けないようにRピンかなにかが刺さっているはずなのですが、抜けてしまったようです。
(記憶を探ってみるとRピンが無くて針金で固定されていたかも・・・)

慌てて機械を止めてピンを入れました。
早めに気づいて良かった。
やっぱり機械作業で音を聞く(異音に気を配る)というのは重要です。




番外編

牧草モアに乗っかっていたエンジン、分解してみました。

20180409170328.jpg

20180409170334.jpg
パカっと蓋を外して


クランクシャフトとコンロッドという上下運動するピストンにつながる部品が怪しいのでそこを分解してみます。

20180409172320.jpg
下向きにツノのように生えている部品を外して

20180410163646.jpg
ボルトを緩めてガチッと取ってしまいます。

20180410163621.jpg
その内側
やっぱりボロボロでした。
オイルが無くなって冷却されず、潤滑作用も無くなって溶けてしまったようです。

新品の部品を注文するか(そもそも部品があるのかも謎)どうしようか迷っています。
たぶん部品を購入するとなると、程度の良い中古のものに匹敵する値段になると思います。
となると、これを組み立てて修理するよりもそっちのほうが簡単です。。。。

迷いどころですが、某オークションでこの部品が出ているようなので、それを買おうかなぁと思っています。
せっかくなので、修理して長く使ってあげたいですね。

わらカッター調整

ちょこちょこと機械修理の話題ですが、今日はわらカッターの修理・調整です。

冬の間お休みしていたカッターですが、そろそろ春草の丈も伸びてきたのでカッターの出番です。

刃を研いで、油を差してというのが例年ですが、今年は5年経つので細部まで分解できるところは分解して掃除しました。


で、分解してて気づいたのですが、モノを投入してそれを裁断部に送り出すロールの抑えバネが錆びてちぎれていました。

20180409122546.jpg

20180409122542.jpg
バネが外れています。(錆びてちぎれてしまってプラーンと垂れているだけ)

去年、途中でなんだか草が送られにくいなぁ、土でも詰まって動かなくなったんだろうか?と思っていたのですが、原因がわかってナルホド!です。

このカッターは錆びてボロボロで廃業酪農家さんのところに放置されていたのを貰ってきたのですが、「コレ動くの?」というレベルのものを再生したのですが、なんと現行機種でもあるようで、部品も注文すればあるようなのです。
が、まだバネが残っているので、無理やり加工して引っ掛けました。
次外れてしまってまたロールのおさえが聞かなくなったら部品注文しようと思います。

各部の掃除と注油をしたら組み立てて完成です。
最後に刃を簡単に研いで調整完了。

これからどんどん活用していこうと思います。

寒波

今朝は少し雪が舞ったようで、残っていました。
すぐ解けてしまいましたが、風は冷たいです。

20180408061648.jpg

20180408061652.jpg

こんな中ですが、ヒヨコ達は元気そうでした。

20180408162252.jpg
まぁ、それでも保温室からはほぼ出ないのでやっぱり寒いのでしょう。

20180408084248.jpg
今日もたまごかけご飯。

黄身の色がどんどん濃くなってきました。
また、黄身に草の香りが付くものが増えてきました。
春の味を楽しんでいただければと思います。

春のお役

今日は春の道普請です。
「みちぶしん」と読みます。
単に「お役」とか「道役・みちやく」と言います。

で意味は道の修理とか改良とか道路工事の事なんですが、地域の行事で意味するのは水路(と言っても路肩の溝)掃除です。
冬の間に溜まった落ち葉や土砂などを取り除いて、これからの雨に備えます。

あんまりひどい道の壊れとかがあれば、修繕することもあるんでしょうけれども、とりあえず5年間ここに居て一度もないです。


そして、それが終われば慰労会を兼ねたお花見です。
道役に参加していたメンバー(主に男性)だけでなく、家族そろってが基本です。

集落の人が集まって行事をするというのは年間を通して、このお花見、冬のほんやりさま(どんど焼き)の2回くらいで、結構人があつまります。
なかなか普段あまり会わないので話す機会が少なく、(まだ)新参者はこういうときに色々とお話ししようと思います。


夕方になると一気に冷えて来て、寒い中帰ってきました。
明日の朝はぐっと冷え込むようです。
少し心配ですが、ヒヨコの電球をすこし熱量の高いものに変えようと思います。

FC2Ad