長野県下條村で放し飼い養鶏やってます。日々の出来事、思ったことをつらつらと。。。

牛さんバイトとチップ取り

今日は、月に1回あるかないかの牛の世話のお手伝いバイトの日。

隣の阿智村で、就農当時の農業委員さんを務めていた酪農家さんへお昼の餌やりと少しの世話をしに行きます。
今年は牛を飼い始めましたが、去年までは牛に触れるのはここだけの貴重な機会。

飼い方は牛舎の中で繋がれているという一般的な飼い方です。

今日はいつもと違い、世間的には3連休なので、息子娘をつれて3人で行ってきました。
上の子はもう怖がるそぶりもなく、下の子もうちに来たバウムに慣れているせいか、全然怖がりません。
特に餌やりがしたいようで、おてつだいしてもらっています。

道具やおいてあるものにさえ気を配っていれば心配ないので、楽になりました。


そして帰りしなに、通り道にある薪製造工場(コウバ)で木のチップをもらって帰ります。
もらってといっても、軽トラにコンパネを立てて枠にして、そこにスコップで積んでいくのでそれなりに大変です。

20170715183126.jpg
めずらしく夏の空でした。

20170715114152.jpg
バウムも元気です。

洗濯機修理

2週間くらい前から、洗濯機の調子が悪いです。

脱水していると、カラカラと結構な音量で異音がするようになりました。

うーん買い替えすると全部がごみになるし、まだ製造から7年(といってもメーカーの部品保管は6年だとか)なのでまだまだ働いてもらわないと。。。

と、ネットで症状から原因を検索。

いろいろ調べていると、メカモーターという、主軸とモーターとクラッチ(洗濯と脱水を切り替えるメカ部品)が一体になったものが怪しいということになりました。

メーカーでは基本的に、部品は買えず出張での修理とのことですが、ネットで部品だけ売っているのを見つけてしまったので、ぽちっと押してしまいました。

その間、だましだまし使っていました。

で、部品が到着。

20170714101848.jpg
この部品だけで8000円くらいします。



早速分解作業に入ります。
こういう時、先人の道というか、分解工程をネットで写真付きで書いてくれている猛者には感謝いっぱいです。

20170714093834.jpg
まずは、パルセーター(羽)の取り外し

20170714093857.jpg
そして、その下の大きなナットM38?のために、パイプレンチを切断
本当は長い十字レンチみたいなのがあるようです。

20170714094506.jpg
洗濯槽に傷をつけないよう(手袋で)養生してパイレンをかまして金槌でナットを緩めていきます。

20170714095719.jpg
ナットが取れたら、洗濯槽を取り外して、せっかくなので洗っておきます。
高圧洗浄機とか欲しいですね。

そして今度は裏から

20170714095859.jpg
メカモーターの保護?をしている簡易カバーを外します。

20170714101809.jpg
そして、メカモーターを固定しているボルト6本だったかを外せば取れます。
意外とメカモーターが重くて、ボルトの溝が舐めそうになるので注意ですね。


20170714102004.jpg
新旧並べてみました。
右が古いほう。

少し違った部分もあります。
マイナーチェンジしているようですね。


で、今度は逆の手順で組み立てていきます。


そして、修理の結果は。。。






















ダメでした。


え?なんで?
厳密にいうと、少し改善されたのですが、脱水時のカラカラ音は治らず。。。

となると、、、えー?基盤(コンピュータ)かよー?

ちょっと気力がなくなったので、これ以上手が出せず。。。



たまっていた洗濯ですが、すぐコインランドリーに行ってもらいました。


で、とりあえずしばらくは、半分壊れかけで買い替えた以前使っていた洗濯機を持ってきて使うことに。
これもいつ壊れるやら。。。

20170714155919.jpg
大学で一人暮らしの時にかったもの。
2003年製だと思われます。表面のプラスチックの劣化がすごい。



洗濯機、どうしようかな~

ゆきはるかの刈り取り

今年は全体的にそうなのですが、小麦の種まきに失敗しています。
来年は今回のやり方はやめようと思っています。

で、一番の被害は薄力用品種の「ゆきはるか」です。
ほとんど芽が出ませんでした。

なので、草が生えてきてしまいました。
ほかの場所だと管理機で条間を中耕除草するのですが、ゆきはるかは条もバラバラ。
管理機の除草も入れませんでした。

草ぼうぼうになってしまって、刈り取れるか?という感じでしたが、とりあえず麦は熟してきたので、手刈りです。

20170713171438.jpg
小麦以上に雑草がありますが、丁寧に刈り取りしていきます。
大事な種を継いでいかなければならないので、面倒ですが仕方ありません。


今日できたのは半分ほど。
もう少し頑張りたいと思います。


ちなみに、刈り取った草はワラカッターで切り刻んでニワトリに与えました。
半分くらいは食べてくれたでしょうか?

ユメセイキの刈り取り

気候のせいか、遅れている麦刈りの続きです。

今回はうどんがおいしい「ユメセイキ」です。
長野県の試験場で育成したもので、なめらかな麺になるのが特徴です。

で、ここは、条間につる性の豆を播種してあります。
いつもなら、つる豆が大きくなる前に刈り取りなのですが、今年は麦の熟が遅かったので・・・


20170712170433.jpg
こんな事に。。。
麦にツルが絡みついてしまいました。

所々こんなふうになってしまっていて、一つ一つゆっくり手で取りました。
地面に這っているものもあって、バインダーで引っかからないように丁寧に刈り取らないとだめです。


20170712174154.jpg
ちょっと難儀しましたが、マメもほぼ無傷で刈り取ることができました。

今年は収量が少なめです。
うどん、できるでしょうか?


20170712070024.jpg
昨日きたピヨ。
元気いっぱいです。

ニューフェイス

今日は、新しいヒヨコを迎えに隣の県の岐阜県中津川市まで行ってきました。

今年2回目の入雛です。
1回目のヒヨコたちの数が少し減ってしまったことに加えて、今まで導入してきた品種「あずさ」を変えてみようと考えています。

で、一般的な平飼い自然養鶏で使われる「ボリスブラウン」を導入するつもりだったのですが、輸送の問題もあり、結局は後藤孵卵場の「もみじ」という品種になりました。

20170711134649.jpg
いつものよくあるヒヨコの輸送箱です。

20170711112202.jpg
モコモコが詰まっています。

20170711135405.jpg
初めて見ました。顔だけ茶色い子。

20170711140214.jpg
元気よく走り回っています。

初めて品種を変えてみましたが、どうなるでしょうか。
楽しみ半分、不安半分です。
しっかりと育てていこうと思います。


20170711184619.jpg
夕方の散歩のとき、息子が傘お化けとやっていました。
ほんと、傘が歩いているみたい(笑)

出荷日

今日は月曜日。
卵の出荷日です。

この時期は配達中の車の中が暑くなるので、卵に影響が出ないようにはやく配達を終えるようにしています。
8月中旬、お盆を過ぎてくると少し落ち着いてくると思うのですが、まだ1ヶ月以上あるので、ちょっと配達が億劫になってきます。

20170710072422.jpg

20170710072429.jpg
4月に来たピヨピヨが大きくなってきました。
見た目はひよこではありませんがまだピヨピヨと鳴いています。
(数羽がキョキョ(ピヨとコーの中間?)と鳴き始めています。)



20170710170425.jpg
そして久々に登場。
番犬「おかき」君

20170710170456.jpg
うちにきてもう7年目。
人でいうと中年真っ盛りです。
この子のおかげでニワトリが守られているので、感謝です。
暑いけど頑張ってね。

クローバーを

晴れ続きであまり草が伸びてこないので、刈った草を持ってきて与えてみました。

クローバー入りなので、むしゃむしゃ食べてくれます。

田車

週一でおこなっている田んぼの除草。

畑のほうが遅れ気味なので、なかなか大変です。
いつも通りですが、株間や株元にはコナギとクログアイが出ています。

今年で3回目の田んぼ。
少しクログアイは減った気がします。

20170709174112.jpg
今年は全体的に生育が悪い気がします。
秋起こしには少し多めに鶏糞を入れようかな?

20170709174132.jpg
いつもの動力田車。
ドロドロです。

20170709174138.jpg
もともと割れていた泥除けで、少し補強してましたがそれが壊れました。

手取り除草に入りたいですが、そんな暇があるのか?

シラネコムギの刈り取り

少しずつ小麦の熟が進んでいるので、天気がいいうちに刈り取ってしまいます。

うぅ、田んぼの草も気になるところですが、まずは小麦を終わらせます。

シラネコムギは種の状態が良くなかったものがあって、2種類蒔いたのですが、やはり思わしくなかった方の発芽率が悪かったようで歯抜け状態です。
で、そちら側の草の量も多く、どうしようもない状態に。

20170708144931.jpg
こんな感じです。
それなりにあるのですが、如何せん草が多くて、刈り取りも大変です。

上の写真右側(右奥に写っている茶色)は、良かった部分。
こちらは良い状態でした。

暑くなり、汗だくになりながらの作業です。
途中から子供たちも手伝ってくれて、大助かり(と褒めておくと今後も手伝ってくれるかな?)です。


20170708153644.jpg
番犬「白」もだらしなくお昼寝です。

シラネコムギが終わったので、残るはユメセイキとキタノカオリの2品種。

ユメセイキは条間に豆が植えてあるので早めに刈り取らないとですね。

番外編

夕方のニワトリ作業の一幕。

鶏舎の作業通路には草が生えているのですが、最近、これを抜いてニワトリに与えてくれます。
で、今日はちょっと大きな草を抜いていたようですが、抜けなかったようで。。。
「おーい、ちょっとてつだって~」
「後ろからひっぱってー」
の声(上の子)。
で、なぜか咳き込んでいます(上の子が)
兄弟二人でなにしてるのかな?と覗いてみると

20170708175934.jpg
おいおい、そりゃ引っ張るところ間違っているわ~

それだとお兄ちゃんの首が閉まるから、お尻のあたりを引っ張ってあげな~
と声をかけると

20170708180006.jpg
今度は引っ張るベクトルが違う。。。
(上の子は画面左方向へ引っ張っていて、下の子は左手前方向へ)

で、ちょっと方向が違うよ~と声をかけると

20170708180015.jpg
ちゃんとした方向へ引っ張れました。

が、残念ながら抜けなかったようです。
「それでも草は抜けません」

残念!!

バインダーメンテナンス

昨日、今日と晴れの予報でしたが、もうしばらく雨の予報ではなく、晴れてくれるみたいなので、あわてて小麦の刈り取りをしなくて済みそうです。

なので、午前中はニワトリの作業を優先して、いつもはほどほどにしている草刈りを、軽トラに載るだけ刈って鶏舎に運び、ワラカッターで切り刻みました。
今日は、いつものイネ科メインではなくて、別のところだったのでいつもと違う感じだったけど、どうだったでしょうか。
結局、草刈りを一生懸命やっていたら、お昼になっていました。
日差しが強くて汗だらけになりますね。

そして午後からは機械整備。

少し前にバインダーのエンジンのオイル点検をしたらオイルが減っていたので、すこし前のモアーエンジン焼き付きが思い出されるのと、オイル交換した記憶が無い(1年に米と麦の2シーズン、しかも米は3時間くらい、麦は10時間ぐらいなので基本的にはオイルがなかなか汚れないだろう)のでオイル交換することにしました。
ついでにいろいろとメンテナンスをやってしまうことに。

まずは、エンジンオイル交換から。
ドレンボルトを外して、少し傾けつつオイルを抜きます。

20170707144540.jpg
オイル量が減っている(その分濃縮されている)のもあってか、真っ黒なオイルでした。

余りにも汚れているので、そのあと灯油を入れて少し振って「すすぎ」のようなことをしてみました。
そして、オイルを充填して完了です。

走行部のギアオイルと、結束部分のギアオイル点検をしましたが、きれいなもんで規定量あったのでこちらは点検のみ。
あとは、使う前にも行う各動作部分への注油です。

これで、明日行うつもりの小麦の刈り取りが出来そうです。
明日も頑張るぞ。

大豆中耕

大豆畑に雨の影響で一気に芽吹いた草の芽。

どんどんどんどん大きくなっていきます。



さすがにやばい!と、鶏の世話と出荷作業を午前中に一気に済ませて、午後から管理機での中耕除草をおこないました。

20170706150429.jpg
草の少ないところは比較的きれいにできます。


20170706154219.jpg

20170706174719.jpg
だんだん進めていくと、草の勢いが増してきます。


途中、なにかエンジンに負荷がかかっている感じです。
あれ?また調子悪いのか?と思いながら、クラッチを切るとエンジンはよく動きます。

うーん。ロータリーにそんなに負荷はかかってないし。
ということは、足回り?
確かにこの足回りはオイル関係見たことないけど、入れるところあったか?
と、いろいろ確認してみました。


20170706153148.jpg
あった。

あるやん!!
と、急いで、とりあえ90番のギアオイルを投入。
少し動かしていると、何となく解消されたのかなぁ?というところ。

また、近いうちにオイル交換しようと思います。

20170706174711.jpg
で、なんとか最後の1列。

まだ株元に草がありますが、ほぼ条間の草は無くなりました。

かけっこバウム

夕方、様子を見に行ったら駆けてきてくれました。

で、帰りに電柵の通路まで行くと、名残惜しそうに寄ってきてくれます。
いつまでこういうふうに懐っこくしてくれるでしょうか。

お宮参り

今日は、3番目の子供の初宮参りでした。

1人目の時からお世話になっている飯田の鳩ヶ嶺八幡宮さんへ。



無事お参りも終わってひと段落。
子供たちも頑張って耐えてくれました。

20170705110227.jpg
立派な建物です。

20170705114900.jpg
池でコイを見て、うれしそうな上2人


そして午後からは仕事に戻ります。

20170705171518.jpg
大豆畑の草がやばいことになってきました。
早めに中耕しないとです。

20170705171836.jpg
昨日の大雨にまぎれてか、電柵の外ですがイノシシが荒らしていました。
今年はサツマイモとかぼちゃを死守しようと思います。

そば研修

別団体で進めているそばの栽培。

今日は、このそばの勉強会がありました。
村内で、そば組合というのがあり加入しているのですが、その組合主催で現地視察と意見交換を行いました。

団体の方と2人で参加して、まずは圃場見学。

20170704141641.jpg

20170704150920.jpg

20170704144003.jpg

皆様、工夫して作られているようです。

いろいろあーだこーだと意見が飛び交ってましたが、まだまだ経験が浅く、とりあえずメモを取るだけで終わりました。

ウチの圃場はいろいろな要因が重なって草が多く、みっともない状態です。
なんとか秋そばは改善したいと、参加した団体のK君と話し合いました。

やることはもりだくさんです。

この研修会後半は交流会のようなもので、そば打ち体験と懇親会だったのですが、その頃には雨がざんざか。
この辺りは台風はそれたと思っていましたが、雷がごろごろ鳴ってどしゃぶりになりました。
レーダーでは1時間に100mm以上の大雨だったみたいです。
それに加えて風もすごく、大嵐でした。

適度に雨が降ってほしいです。

小麦の刈り取り開始

ようやく晴れ間が続いて乾いてきたので小麦の刈り取り開始です。
今年は、成熟前に雨が少なく、成熟してきたぞという先週ころから雨続き。
今日から数日晴れるようなので、この間に刈れる分は刈ってしまおうと思います。

しかし、今日は飯田方面出荷の日。
さっさとお昼過ぎまでで出荷準備と出荷を終わらせて、午後からは刈り取り作業に専念することにします 。

ですが、いきなり刈り取りではなく、まずやることは

バインダーの整備!!

半年前の稲作以来なので、まずはメンテナンス作業です。

20170703142414.jpg
刈り取り刃への注油・グリスアップ

20170703142421.jpg
刈り取ったモノを送る腕を動かすチェーンにグリスアップ

20170703142436.jpg
結束部への注油とグリスアップ、動力部のオイル確認

20170703142428.jpg
最後に、結束紐の調整です。


そして、麦畑へ。

20170703080931.jpg
早生のハナマンテンです。
もう熟が進んで首が曲がりまくり。
刈り取っている途中から、ポロポロ首が落ちていました。

20170703154812.jpg
娘もお手伝いしてくれました。

南部小麦も刈り取りました。

20170703160124.jpg
軽トラに積んで干し場へ。

ハザに干していきます。

20170703190552.jpg
この時期、目まぐるしく天気が変わるのでゆめかおりも刈り取りました。
干す時間が無かったので、軽トラに積んだままハウスに突っ込んでおしまい。

明日、下そうと思います。

草取り日

今日の天気予報は雨のち曇りでした。
が、午前中の早い時間からから日差しが差し始め、晴れていました。

とりあえず、午前中はニワトリの作業をこなし、午後はどうしようかと迷っていました。
というのも、卵の調整作業が少し溜まっていて、それを先にするか、田んぼの除草作業をするかどっちにしようかなぁと思っていました。
あんまり暑い時間帯に田んぼの除草すると暑さで体力が削られるので、陽が傾いてくるまでは卵作業!!と思って卵の調整作業が終わって、ひとやすみ。
いざ、田んぼへ!!と思ったら雨が降ってきました。
あらまぁ。。。でも仕方ない、田んぼへ行こうと、動力田車の準備をしていたら止んでくれました。
また降ってくるかもだけど、行くしかないと田んぼに行って、除草作業。

20170702164940.jpg
途中パラパラ降ってくることもありましたが、ほぼ雨に当たることなく作業できました。

で、雨が無かった時に沢山発芽した草が出てきています。


20170702164956.jpg
コイツです。

そう、コナギ。
場所によっては株元に大量にあるので、注意です。
手取り除草が必要かもしれません。

20170702164944.jpg
ウキクサも発生しています。
もう少し早かったら、コナギの発生をある程度抑制出来たのでしょうか??

20170702175926.jpg
除草のあとは、戻ってニワトリ作業です。
降りそうで降らない微妙な天気でした。

まぁ、田んぼにとっては降ってくれた方が良いんですけどね~

小祝さん講演会

今日の午前中は、村内若手農家有志が有機農業分野で活躍されている小祝さんをお呼びしての講演会を開いてくれていたので、それに出席してきました。

小祝さんのお話はこれで3回目。

1回目、2回目では、微量要素とアミノ酸肥料のお話
そして、今回は水溶性低分子有機物の話題を自分の中で新しい発見で聞くことが出来ました。

理論と圃場での実際。
ミクロとマクロの違いはありますが、理論的には面白いなぁと思っています。

ま、うちは養鶏メインなので基本的にはあまり活かされる話ではないかもしれませんが、他分野の話は意外にも思わぬところで活きてきます。

今の農業スタイルや加工についてですが、前職の同僚や先輩たちの仕事の中でいろいろと生かされていることがあるので、この他分野だから関係ないというのは全く間違いということは自分の経験でわかっています。

今日の話がまた別のところで活かしていきたいですね。

屠畜

今日は、去年導入した丹波黒どりの屠畜を行いました。

全部で20羽ちょいだったのですが、ちょこちょこと食べているうちに残り5羽に。
あまり長く飼うと固くなるかな?ということもあり、少し時間を作って屠畜しました。

が、思ったより時間がかかって、午後いっぱいかかってしまいました。


でも5羽分の鶏肉が手に入ったので、楽しみです。
1羽は近いうちに食べようと思っていますが、残りは冷凍して、ガラはスープへ。

よだれが出てしまいますね。

鳥に食われる

今年は寒いのもあってか、小麦の生育が悪いなぁと思っていました。
そして、雨も少ないのもあってか成熟が遅れています。

いつもならほぼ全部を刈り取り終わって、北海道品種(ここでは極晩生)の成熟を待つくらいなのに、ようやく早生品種が熟してきました。

ですが、梅雨入りからずっと空梅雨だったのに、ようやく待望の雨が降り始めました。
この先しばらく天気が良くないようです。

せっかく成熟が進んでいるのに湿って刈り取りできません。
なので、少し前に記事にしましたが鳥にどんどん食べられています。





そして、こちらも。


20170627091519.jpg
本葉も出てきた大豆類

20170627091416.jpg
双葉の部分が食べられています。
ひどいのは引っこ抜かれてモヤシ部分だけ放置されています。

場所によってはまた播種しないとだめかもしれません。

20170627091338.jpg
そして、ここ最近の雨で一気に雑草が発芽してきています。
早めに中耕除草しようと思います。

新兵器

20170626085253.jpg


今日はニワトリ作業の後、出荷の前に田んぼに行ってきました。
チェーン除草がこの週末にできてなかったので、一応効果があるかどうかわかりませんが、やっておきます。

で、表題の新兵器。


20170626133223.jpg
こいつです。

定量止水栓です。
商品名は「バスぴたり」

0から450リットルの間で自由に(アナログですが)水量を選べて、指定水量になったら通水を止めてくれるという優れものです。
ウチでは、水道水を鶏舎の隣に設置しているタンクに一度送り、そこからさらにバケツに入れて各部屋に運んでいます。
で、ホースでタンクに送るときに40分くらい蛇口を開きっぱなしにしているのですが、タイマーを付けたりしているのですが、たまに忘れることがあって、もったいないことをしてしまうときも多々ありました。

そしてこの商品を見つけて購入したわけです。
が、この商品、いくつかの会社からでているのですが、現在はどれも生産中止。
アマゾンなんかで売っていますが、2万とかしています。。。

で、某オークションで見てみたら、終売になったモデルではなく、もう一つ前のモデルですが安くあったので購入してみました。

使い心地は・・・最高です。


ちゃんと指定目盛りの水量(正しいかはわかりませんが(汗)で、止まってくれます。
これであふれさせてもったいないことにならなくて済みそうです。

除草

今日は除草の日
動力田車で条間を除草していきます。

と、その前に。
先日雨が降ってくれて、一旦は水に浸かっていたのですが、今日はこの有様。
20170624154407.jpg
20170624154415.jpg
大きな田んぼですが、また地面が見え始めています。

原因はやっぱり水不足。
ちょっと降って、その時はたくさんの水が水路に流れたのですが、そのあとはまた水量が激減しました。
結局、表面を流れた水が来ただけで、地面に貯められているダム効果の水までは回復してないようです。

ちょこちょこと降って、地面のダム効果を活かして欲しいです。

20170624173822.jpg
相変わらず泥だらけになります。

水位が少なかったので、場所によっては結構草が生えてきています。
うーん。ちょっと考えないとですね。

20170624173826.jpg
2段目の田んぼ。
こちらは1段目の水が降りてくるので、少し水量が少なくなっています。が、まだ溜まっています。

手取り除草を少ししたのですが、腰が痛くなってしまいました。
うーん。水量が少ないので、草の量が多いです。
今だとまだ根張りが浅く、手でかき混ぜるだけで除草できるのですが。。。
あとのことを考えると今しておいた方がいい作業ですが、今体を壊すと大変です。
困りました。が、まぁ仕方ないですね。
また次回に回します。

とりあえず撤収してきました。

エンジン換装

今日は阿智方面への出荷日です。
が、その前にちゃっちゃと作業を済ませます。


エンジン焼き付きをおこして放牧地でほったらかしになっていたロータリモアー。
一昨日、代替エンジン(同型)が到着したので、移植交換作業です。


20170623114137.jpg
ベルトカバーを外してエンジンにアクセスしやすくしたあと台座から外していきます。

20170623115443.jpg
固着もなく、無事外し終わりました。

そして、交換用のエンジンを載せて仮止めしたところで気づきました。
プーリーも交換しないと。



20170623141436.jpg
元からついていたほうは、難なく外れました。

が、

20170623141447.jpg
交換して、仮止めした方が外れない。。。

あれ?どうしよう。
潤滑油を吹いて、プラハンマーで衝撃を与えてを繰り返すこと30分ほど。
全然取れません。

どうしようかなぁと頭を抱えていました。

まぁ、固着ならゆっくり油が浸透するのを待たなければならないしなぁ

何してんの~と寄ってきたバウムと戯れたりしながら、せっせと潤滑油を吹きます。

20170623144825.jpg
イネ科雑草以外の草もすこし食べるようになりました。


こういう固着しているものはバーナー等で温めたりすると膨張力で固着が外れるのですが、持ち合わせがなくさらに熱を加えるのはちょっと抵抗があります。
で、ふと気づいたのですが、じゃ逆に冷やしてしまえばいいんじゃない?と考え、パーツクリーナーを軸に吹いてみました。
(有機溶剤の気化熱で結構冷えてくれます。)

そのあとまた潤滑油を吹いてみて、バールでこじってみたら、ずるっと拍子抜けするくらい簡単に外れてくれました。
よかったー。


で、元からついていたプーリーを付けて
20170623150536.jpg
ボルトで固定

さらに、ベルト抑制のステー等をなんとなく同じように固定して、元通りに戻し完成。

20170623152716.jpg
試しに運転してみましたが、ばっちりでした。


これで掃除刈り作業が簡単にできます。


もう一つの修理した方もちょっと難ありですが、せっかくなので活かしていこうと思います。





おまけ


村内にはおいしい江戸前寿司のお店「吉村」があります。

ちょっと用事があって、夕方伺ったのですが、店の前の看板に「いわし」の文字が!!
光物大好きなじぶんとしてはたまりません。

相方「もー」には申し訳ないですが、食べていくことに。
20170623173723.jpg
酢で軽く〆てあって、とても美味です。

20170623173614.jpg
あ、もちろん自分だけではなく連れていた子供たち2人にも。
小さく握ってくれました。

「もー」が動けるようになったらまた食べに来たいですね。

新しい家族

そういえば

先月末日に3人目が生まれました。

自宅で。


もちろん家族のみではなく、助産師さんに付いてもらってです。


名前は「ヒロ」君です。

しばらくバタバタしていますが、どうぞよろしくお願いいたします。

雨降り

20170621164106.jpg

待ちに待った恵みの雨。
ざぁっと降ってくれました。

20170621105205.jpg
ひび割れていた1段目の田んぼも潤っています。

20170621105135.jpg
割れてしまうと水持ちが悪くなるかもと言われましたが、どうでしょうか。。。

20170621105215.jpg
撮影時(AM)も結構降ってくれていました。

20170621104940.jpg
地面が見えてきていた大きい田んぼも水に浸っていました。

さて、これからどうなるでしょうか。


そうそう。
漏水がある2段目の田んぼ。
去年はあとから知って困っていましたが、今年は先手を打ち畦並みシートを漏水する手前側に張って漏水を防いでいました。
これはうまくいっていたのですが、漏水するところは地下水が流れていて、いくら埋めても削られて穴が開いてしまうのでした。

今日そこを見てみたら、大量の水が流れていました。


こりゃ、また流れちゃうわ・・・と思います。
畦なみシートで作って正解でした。




話は変わりますが
焼き付かせてしまったエンジン、中古を購入しました。

で、

20170621161117.jpg
今日、届きました。

送料込みで10k円ほど。

さっそく梱包をほどいてみます。

20170621164333.jpg
おぉ、非常にきれいな状態です。


オイルと燃料を確認して、さっそく始動。
ブブブブブと正常にかかってくれました。

時間を見つけて移植交換しようと思います。

インゲン類の種まき

今日は、雨の前にやりたい作業を中心に進めました。

まずは、馬鈴薯の土寄せ。
管理機で中耕しながら土寄せしていきます。

次はインゲン類の種まき。
今回植えたのは
つるなし
・紅しぼり
・手亡
・金時
・うずら豆
つるあり
・トラ豆
・シャチ豆(パンダ豆)
・さくら豆
・大手亡(?)
・霜ささげ
・花豆3種(白、黒、紫)
です。

花豆以外は播種機を使って植えたので、1時間半ほどで終わりました。
大豆では18cmごとでしたが、48cmごとに変更するのでベルトの表裏(穴の有無)を変えていきます。
20170620151458.jpg
カチッと外してカチッとはめて

20170620151443.jpg
上のほうが1つおきで、下のほうは4つおきに変更したもの
一定の数値に決まっているとはいえ、3%ほどの誤差の株間にできるので本当に便利です。

明日の雨に期待して(だけど、激しすぎると土が流れてしまうので適度にね)恵の雨を待ちたいと思います。

恵の雨を望んでいるのはこちらも。


20170620175932.jpg
田んぼです。
大きな方でも地面が見え始めました。

2017-0620175648.jpg

20170620175653.jpg
小さい1段目の田んぼではヒビが。。。

20170620175821.jpg
2段目、3段目はまだ水があります。

どうなることやら。。。




20170620173216.jpg

夕方用事があってそばを通ったのですが、大豆が発芽し始めていました。
播種から約1週間、雨が降らずカラカラの状態でしたが、無事出てくれました。わずかな土の水分ですごいですね。

31℃の出荷

今日は出荷日。
予想最高気温は31℃の飯田市。
それを聞いていやだなぁと思っていたのですが、出荷してきました。

やっぱり、暑さは体力が削られます。
卵も熱をもってしまうので、そろそろクーラーを入れての出荷になりそうです。

あと荷室が広すぎるので、ビニールカーテンでも作ってエアコンの利きをよくしたいなぁなんて考えています。
やりたいことがありすぎる・・・

31℃の気温+車内の輻射熱で体力を消耗しましたが、まだまだ夕方のニワトリの作業までにやることはあります。

インゲン類の播種準備です。

今回は、輪作体系のなかで休耕しようと思っていたところで、現在はまだ小麦が植わっているところに作付けることにしました。
なので、まずは、その条間を播種機で播種できるように管理機で中耕除草しました。

明後日が雨の予報なので、明日、播種したいと思います。

虫よけ

たまご屋の周辺にはブヨが出没します。

ブヨというのはコバエみたいな小さな虫です。
吸血虫で、蚊のように針をさして吸うのでなくガブッっと噛んでくるらしく、吸われたところには血が滲みます。
痛くないのですが、すごくかゆくなることで有名です。

清流があるところで繁殖するらしく、山のキャンプ場などでよくみるらしいのですが、なぜかウチでもよく出ます。

私自身は耐性ができたのか、刺されても少しかゆいくらいで済むので気にしてないのですが、大変そうにみえるのが「バウム」くん
顔周辺で毛の薄い場所、目の周りや耳周りなどに集られていて、ちょっとかわいそうです。

かといって、殺虫剤等は使いたくないので、天然成分でなんとかならないかと、これを買ってきました。

20170618150453.jpg
ハッカ油


このメントール系の匂いが虫よけになるそうです。

これをこのまま使うと皮膚への刺激が強そうなのでワセリンと混合します。
さらに、柔らかくするために、サラダ油も加えました。


20170618150419.jpg
こんな感じ。見た目はただのワセリンですね。

薄手の使い捨てゴム手袋をつけて混ぜましたが、ゴム越しに成分が揮発したようで、そのあと手がスーっとしていました。
恐るべし・・・


これをおでこや眉間、あたまの裏の毛に塗りつけてやって様子を見ます。
虫よけ効果が出て、ストレス発散になればいいのですが。。。





20170618164219.jpg

夕方には子供たちと田んぼで除草。
このあと、チェーン除草をしました。その最中に下の子が田んぼにはまるという事件。
足が抜けなくて上半身が田んぼへ。
びっくり、冷たくて大泣きでした。

あわてて帰宅し、シャワーへ。
こちらもびっくりでした。まさかはまるなんて。。。


20170618100156.jpg
今日のあらめ。

稲の除草

今日は朝から喉が痛くて、なぜか少し頭痛も。
喉は未明に目覚めたときから痛くて、風邪ひいたのか?という感じ。
頭痛は前部分で睡眠不足の時の痛みとそっくり。。。
よく寝てるはずなんだけど、寝れてないのか?

そんな中ですが、前回の田車除草から1週間。
今日も田んぼに行ってきました。

雨が降らないので田んぼには注水しっぱなし。それでも足らないくらいなんですが。。。
と、田んぼにとうちゃくしてびっくり!
水がない!!

20170617102444.jpg
ほとんど干上がっています。

水の送りを変えて、この田んぼを中心に注水するようにして、田車除草開始。
しかし、大きな田んぼの8割くらい言ったところで、頭痛が激しくなり今日の作業は断念することにしました。

帰りがけに注水変更した田んぼに行ってみましたが、ほとんど注水されていない状態です(そもそも水量が少ない)。
うーん・・・と悩んだ結果、1段目の田んぼと大きな田んぼ、両方を中途半端に水がない状態になるよりかは片方にはちゃんと水を入れて草を抑制出来たほうが良い!と、やっぱり注水を変更することにしました。

大きな田んぼの田車除草を終え、排気ガスのせいなのか動いたせいなのか、頭痛が酷くなったのでここで終わることにしました。


1段目の田んぼ、次の雨まで待っていてね~
田んぼの草も、明日また除草に来るから待っていて~

エンジン調整

きょうはおからと隣村方面の出荷の日。
午前中は比較的に空いているので、コッコ達の世話を終わらせてタイトルの作業に入ります。

ロータリーモアのエンジンが焼き付いてしまったので、譲ってももらっていたけど必要性が少なく眠っていたもう一台のロータリーモアを調整しました。
20170619070047.jpg


こっちのほうが、刃の状態も含めて全体的に状態が良いのですが、エンジンの部品が少し壊れていて、直るかどうかわからなかったのでやる気にならなくて放置していました。

ずっと使っていたほうが壊れてしまったのであわてて調整して使えるかかどうかを見てみようと思います。


まずはエンジン本体。

プラグを外して火花の確認→ちょっとプラグがカビている?がOK
エンジンオイル→とりあえず匂いも色もOK
キャブレター→燃料コックまで燃料が来ているが、プラグ湿らず。。。

ということで、お決まりのキャブレターOH

分解していくと、フロート弁が固着してキャブレターにガソリンが入ってないことが原因ということが分かったので、とりあえず固着を外して、念のため各部分の掃除をして、OH完了です。

タンクに入っていたものは使えないのでガソリンを入れ替えて、リコイルを引いてみます。

ちょっと白煙を吹いているけど、エンジンはかかりました。

白煙が気になりますが、とりあえずかかることが分かったので、今度はオイル類の入れ替え。
まずはエンジンオイル。

そして、モア本体の、駆動軸のオイルと回転刃軸のギアオイルをそれぞれ交換しました。

エンジンオイルは汚れている以外は問題はなさそうでしたが、駆動軸、回転刃軸ともに水の混入があって、ドレン口から水のあと、乳化した白っぽいオイルが出てきて、びっくりしました。

駆動軸のオイルはドレン口を真下まで傾けることができたので下に溜まっている(重たい)水を完全に出すことが出来たのですが、回転軸のドレン口は少し上側にあって、真横に傾けないと完全に抜くことが出来ず、なるだけ傾けて揺すったりと、少し水が残ってしまう結果となりました。
まぁ、少しくらいは大丈夫でしょう。
少し使ってみて、乳化しているようならオイル交換すればほぼ完全に水を抜くことが出来ると思います。



エンジンが白煙を吹いているので、どこまで使えれるかわかりませんが、これで、ある程度の草刈りはできそうです。
壊れてしまった方のエンジン換装も考えないと。。。



20170616100424.jpg
ようやく極早生品種の小麦が黄化してきました。

今年はずっと寒い(6月上旬まで朝の気温が1桁)からか、生育が悪いです。
いつもなら刈り取りが始まっている時期のはずなんですが。。。

ロータリーモアの故障

敷地内の草刈りに使うロータリーモア。
ビーバー(よくある草刈り機)とは違い、自走してくれるので刈るスピードも速いです。

今日は、すこし前にやった放牧地の掃除刈り(食べない草を刈っていく)をしようと、前回の続きを刈り始めました。
外周から刈り始めて1周しないうちに「ドドド、ド、ド、、ド、ド」とエンジンの回転が遅くなり、ついには停止。

あれ?ガソリンあったよな?と燃料を確認。
うん、あるよな。

あれ?なんで?
リコイルを引っ張るも、硬い。。。

え?これは、ひょっとして、やっちまったか?
とオイル確認。。。


なんと。


からっぽ。。。


あぁ~エンジン焼き付かせてしまった。。。



これはどうしようもないな。



掃除刈りは諦めて、というか、今後、草刈りが大変になってしまう。。。
別の眠っている草刈り機を復活させるか、エンジン乗せ換えか。
眠っているのもうごくかわからんし。
迷うところです。









で、作業の予定が変わったので、畑のほうへ。

ジャガイモの土寄せをすることに。

20170614181746.jpg
こちらはしっかりできました。

雨がしばらくないですが、育ってくれています。

FC2Ad